障害が苦しいんじゃない、障害を見る周りの目が苦しいんだ!|ごう@なんでもできる障害者ブログ

エナベルで就労移行支援を利用しているAです。

為になるブログを発見しました。

生まれつき片腕の障害者です。みなさんから頂いた質問意お答えしていきます。

障害が苦しいんじゃない、障害を見る周りの目が苦しいんだ!

ーごう@なんでもできる障害者ブログー

 

 “なぜ、世間一般の人から見て障害者はかわいそうに見えるのかというと、みんなにとって当たり前に備わっている機能(手や足、知能など)が当たり前に備わっていないからだと思います。

『障害が苦しいんじゃない、障害を見る周りの目が苦しいんだ!』と。

しかしこれはあくまで学生の頃のお話。
実は今現在は、またちがった考え方を持てるようになったのです!

続く……!(ごう@なんでもできる障害者さん)”

⇒ 学生時代の私も疑問に思った“障害者はかわいそうに見えるのはなぜ?別に自分はかわいそうだと思っていないし・・・(笑)”ということも同じような感じでしたので、よく分かります。

まちがった考え方というのはどういった内容なのかは、気になりますね。

今現在の私の考え方については、いつからか同情と共感の違いや接し方が分かるようになり、障がいある人を「かわいそう」と思うのは検討違いなんですね。

障がいある人への接し方は「困っているかもしれない」がいいかなと思います。

幸不幸に障がいは関係なく、困ることがあるのが障害ですが、同情というのは自分を中心にして感じることです。

「障がい者はかわいそう」と思うのと同じです。一方的です。

 

共感というのは、自分と相手が並んでいます。

「自分と同じ感覚を相手は持っている」が共感です。双方向です。

 

同情は「自分と相手は違うんだ」と思っています。

「かわいそう」「してあげる」みたいな気持ちです。

共感は「自分と相手は同じだ」と思っています。

「同じだ」「助けるのは当たり前」そんな気持ちです。

共感すれば、相手から多くのことを学んでいけます。

同情は誰のためにもなりません。

あ、「私は障害者なんだから、なんでもしてほしい」という欲求承認は別なんですけどね。

人から同情と共感の違いや接し方を学んでいくと、

障害を見る周りの目が苦しいんだ!という気持ちは自然に解消されるのではないでしょうか。

 

以上、今の私の考え方はこんな感じです。

ごう@なんでもできる障害者さん、続きをお楽しみに待っています!!!!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です