【障害者雇用】令和2年度ハローワークを通じた障害者の職業紹介状況は…

就職件数12年ぶりに減少
障害者の就職件数は8万9840件で、前年度から12.9%減少した。
障害者就職件数の減少は、平成20年度以来の12年ぶりとなる。

(中略)

障害者専用の求人件数を産業別でみると卸売業・小売業2万6609件(同1万1185件減)、製造業1万5024件(同7851件減)、宿泊業・飲食サービス業8630件(同5836件減)など、新型コロナウイルスの影響を受けているとみられる業種が大きく減っている。

産業別の就職件数では、最も減少率が大きかったのが宿泊業・飲食サービス業の同31.7%減(2936件)だった。
次いで、生活関連サービス業,娯楽業が同31.2%減(1627件)、情報通信業が同27.8%減(1319件)と続いている。

障害種別の就職件数は、身体障害者2万25件(同21.4%減)、知的障害者1万9801件(同9.6%減)、精神障害者4万624件(同18.1%減)となっている。

https://www.rodo.co.jp/series/108818/ 労働新聞社より引用

 

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

新型コロナウイルスの影響を受けた業種がダイレクトに減少してますね…。

その業種の企業も多く倒産してますから、求人どころじゃないというところでしょうか?

障害者の雇用としては、12年ぶりの減少。今年はどうなっているんでしょうね。

今年も去年と変わらずコロナ禍ですからね…。

少しは持ち直してくれるとありがたいのですが。

障害別の就職件数、知的障害者の減少が少ないですが、元々件数も三つの障害の中では一番低い。

知的障害を抱えた利用者さんエナベルにも数名います。おとなしく真面目に仕事してるかと思えば、ちょっと外れちゃう時も。

それでも同じ障害者ですから、仲良くしたいんですけどね。

新型コロナ禍ではまだまだこの現状が続くんでしょうか。

昨日、テレビでは全国の最低賃金アップの話のニュースが出ていましたが。景気はあまり良くはないとは思いますが…。

早い所ワクチン接種でどうにかならないですかね?!

そういう私は明日、一回目のワクチン接種です…。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です