酢豚

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているОです。

これでも、お弁当ブログなので一応意識して、全メニューを制覇するように注文しているのですが、今日は「酢豚」ということであまりテンションか上がりませんでした。

酢豚が決して嫌いなわけではないんですが、そこまで好きというわけでもなく、野菜の方が多いメニューかなーって、思ったのですよ。あと、やたら甘酸っぱいのはどうかと思います。

しかし、ここの酢豚は甘酸っぱさも控えめのソースで、豚肉がちゃんと揚げたものを使っていて、けっこうボリュームと満足感があって、美味しい酢豚でした。やはり酢豚の味付けって全体的に過剰だと思うんですよ、少し物足りないぐらいの甘酸っぱさがよいと思います。レンコンとタケノコもしっかりとシャキシャキ感が残っていて美味しかったです。

付け合わせの右にあるチンゲンサイと人参のナムルがごま油が効いていて、これがうれしいアクセントになっていました。

左上の中華春雨も微かなゴマの香りと薄味の味付けで、酢豚と合わせて食べるのは美味しかったです。

特筆すべきは右上のミニかに玉でした、本当に不思議なのですが、冷凍食品でスチーム解凍なのに、このかに玉がふわとろなんです、ハードルをあげそうなふわとろ。これがおいしかった。エビやカニが入っていたようですが、それはちょっとわからなかったけど、卵のふわとろさ加減に心を奪われました。

今日もごちそうさまでした!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です