【障害者福祉】「正しい音を知るってとても大事」聴覚障害者が“エキマトペ”に出会った感動がマンガに

こんにちは、エナベルで就労継続支援A型を利用しているAです。

以前私が投稿した『エキマトペ』についての記事 ↓

【障害者福祉】駅アナウンス、文字でも 上野で実験、障害者支援―富士通、JR東など

 

駅構内の音を視覚的に分かりやすく表現するというモニター「エキマトペ」の実証実験を

JR上野駅で始めてから2ヶ月半経ちました。

乗客からの評判はどうなったのか?

どのように変化したのか?

先日、Twitterで“実際にエキマトペを見た聴覚障害者の感想をもとに描いてくれた漫画

発見しました。

 

とても素敵な取り組みで、音質によって字体も変わり、楽しそうです。

川崎市立聾学校の子どもたちの素晴らしいアイデアに

心からの賞賛と大きな拍手を贈ります👏

 

聴覚障害者の漫画家のうさささんにとっては、夢かと思うような体験だったのですね。

JR水戸駅にも本導入するようになったら、私も一度体験してみます。

 

日本は漫画が盛んで、音を目で感じる力というのは、

こどもの頃から自然に身についていると思いますので、JR上野駅以外にも広まってほしいです。

楽しい記事をありがとうございました♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です