SMSで「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります」というメッセージが届く!

Amazonの名をかたるメールやSMS詐欺が後を絶たない。
さすがにもう騙される人なんていないんじゃないか──と思うかもしれないが、いまだになくならない様子を見る限り、この世に騙される人はまだまだいる。

対策としては何もせずにスルーするだけ。
たったこれだけでいいのだが、ここにきて巧妙なSMS詐欺を受け取る機会があった。
というのも、私のもとに敵ながら「考えているな」と思わされるSMSが届いたのだ。「Message」という差出人から届いたメッセージは以下の通り。

 

「Amazonプライム会費のお支払い方法に問題があります。詳細はこちら。https://www.amazonjp-omtet.date/」

 

とのことで短い文章にURLがペタリと貼ってあった。見る人が見れば詐欺だと一発で気づくはず。
なにせ、明らかにURLの詳細がおかしいし、そもそもAmazonは支払い問題に関してSMSで連絡してくることはないのだから。

ただ、いろいろとツッコミどころがたくさんあるも、気づかずに騙されてしまう人もいるだろう。
こういうのもリンクを踏んだら何が出てくるのかというと…

 

_人人人人人人人人人人人_
> Amazonと瓜二つのサイト <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

 

なんとどこからどう見てもAmazonにしか見えないサイトが現れるのだ。
まるで一卵性双生児の双子かのような激似ぶり。精巧にできているため、本物のAmazonだと信じてしまう人がいても決しておかしくない。

では、もしパスワードやメールアドレスを入力したらどうなるのか。無論、アカウントの乗っ取りをはじめ、待っているのは「地獄」である。

・プライムデー間近だけに要注意
そして今回の詐欺で巧妙だと感じたのはタイミング。
すでにスケジュールに入れている人もいると思われるが、Amazonでは6月21日(月)00:00から6月22日(火)23:59まで年に一度のビッグセール「Amazonプライムデー」が開催される。

現に私も買うものをリストアップしており、SMSを詐欺だと思うと同時に脳が「Amazonプライム」の文字に反応してしまっていた。
もし今回のSMSがパンデミックの片鱗だと考えるならば、プライムデーで買い物をする人に狙いを定めている──つまり、祭りの前の消費者心理を上手に利用したやり口だと言える。

なお、Amazonを偽った詐欺は巧妙で単純なSMSを送ってくるだけではない。
セキュリティを管理してきた「本物のアカウント」からのSMSでも「なりすましSMS」が来ることだってあるので皆さんも十分注意してほしい。

https://rocketnews24.com/2021/06/15/1503598/ ROCKET NEWS 24から引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

テレビでCMもやっていましたが、Amazonでは6月21日(月)00:00から6月22日(火)23:59まで年に一度のビッグセール「Amazonプライムデー」が開催されます。

それを狙ってかこんな迷惑メールが…。

最初の段階でスルーしなければ、ちょっと恐ろしいことになりそうですね、この件。

セキュリティを管理してきた「本物のアカウント」からのSMSでも「なりすましSMS」が来るという事で、本当に巧妙になってきてますね。

Amazonそっくりのサイトが現れては、実際騙されてしまう可能性も大ですし。

そもそもAmazonは支払い問題に関してSMSで連絡してくることはない。

これを念頭に置いて、怖い迷惑メールをさばいて下さい。

こういう画面になりますよーというのが引用元にありますので、気になる方は見てくださいね。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です