悠久の風伝説

読者諸兄、いつも拝読ありがとうございます。長尾です。

最近、ファイナルファンタジーⅦのリメイクが評判になっています。

筆者がFFを始めたのは、小学生の頃。Ⅲが初プレイでした。幼少の時分は、天野喜孝氏のキャラクターデザインに恐怖を覚え、泣きだした記憶があります。今振り返れば、大変失礼な話ですが。そのためFFシリーズはそれまで敬遠していたんですね。ですが、学友からソフトを借りてプレイしてみると、その深さ、壮大さに圧倒され、すぐに夢中になったものです。

筆者としてのFFⅢ攻略の鉄板は、全員モンクにジョブチェンジしたうえで、4回ヒットが出せるまでは、序盤のジンの洞窟でレベリング、というパターンでした。ファミコン版のFFⅢでは、ジョブチェンジしても、すぐにはHPに変化はありませんでしたので、序盤のうちにまずはHPを上げておく方が有利になると踏んだんですね。また、モンクは徒手空拳での戦闘が可能で、装備にコストをかけることもない。序盤の金策にはちょうどいいと考えていました。

あれから幾星霜。リメイク作品もDSソフトで出たりして、今はどうなってるんでしょうか。懐かしい思い出の一つです。

FF3「悠久の風」集

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です