【障害者】障害者は謙虚にするべきかわがままになるべきかという議論の答え

たまにTwitterなどでこんな議論が巻き起こります。

障害者は謙虚にするべきか?それともわがままになるべきか?

乙武洋匡さんもどこかの記事で「障害者はもっとわがままになっていい」というようなことを言っていた記憶があります。

残念ながら、その記事を探してみたんですけどとうとう見つかりませんでしたが、、、

(中略)

残念ながらネットを見ていると、「障害者はわがままだ」とか「偉そうだ」という声をみかけます。

なら障害者はどうやって生きていけばいいんだろう?

僕なりにその疑問に対する答えにたどり着いたので書きたいと思います。

障害者は謙虚にするべきか?それともわがままになるべきか?

答え

自由にしたらいい。

自分のライフスタイルは自分で決めるべき

”障害者”という一括りで考えるのがそもそも間違い。

障害者だからこうでなくちゃいけないとかは一切ない。

誰かに何か言われるたびに自分の生き方を変えていては、あっちいったりこっちいったりフラフラして道に迷ってしまう。

だから人の意見は「参考程度に」とだけ思って、後は自由にしたらいい。

謙虚にしていてうまくいく人もいれば、わがままになってうまくいく人もいる。

人それぞれ違うし、それにどう感じているか、本当に幸せなのかはその人になってみなければ分からない。

大切なのは障害者であろうが健常者であろうが、自分のライフスタイルは自分で決めて、自分で決めたからには責任を持つということ。

他人の言う通りに生きて失敗したら後悔しか残らない。

逆に自分で決めた道なら失敗したとしても納得がいくんじゃないかな。

わがままな人間が世の中を変える

どんなライフスタイルを選ぶかは人それぞれ自由にすればいいと思うんだけど、一つだけ言えることがあって

それはわがままな人間が世の中を変えているっていうこと。

謙虚にしているだけじゃ世の中は変化していかない。

わがままを言うと「うぜぇ」って思われるかもしれないけど、そうやって人に嫌われることを覚悟して自由に行動して発信する人間が世の中を変えていく。

謙虚に生きてる人はそんなわがままを言う人が起こした波に乗っかっているだけ。

謙虚にいい子にしていればご褒美で誰かが望みを叶えてくれるというような甘い話はない。

今の現状を変えたければ人に嫌われることを恐れずにわがままになるしかない。

https://ouchiyushin.com/wagamama/#i-2 車椅子ユーザーのライフスタイルブログイスブから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

確かにこの方の云ってる事はわかるんですが。わがままも過ぎればやっぱりマズイんじゃないでしょうか…。

この方が挙げている乙武洋匡さん。有名人ですけど、わがままやりすぎて、私の中では「痛い人」になってます…。

適度なわがままなら可愛いんだけど、やりすぎると横暴…ってなってしまうと思うんですよね。

この一文には納得しました「障害者であろうが健常者であろうが、自分のライフスタイルは自分で決めて、自分で決めたからには責任を持つということ」。

中々これが出来ないからふらふらしてしまうんじゃないかと思います。

謙虚に生きてる人はわがままな人の波に乗っかってるだけ…という一文にはちょっと違和感を感じます。

それぞれなんだと思うんですけどね。

わがままがいい事だとは私は思いません。過ぎたるは猶及ばざるが如し。

わがままとまた主義主張は違うと思うんですけどね…うーんどうなんでしょう。

モンスター障害者と呼ばれるようになることもありますからね…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です