【障害者】スイカとパスモで障害者割引、来年10月以降に…

首都圏の電車とバスの障害者割引が、ICカード「Suica(スイカ)」と「PASMO(パスモ)」で利用できるようになる。来年10月以降にサービスが開始される見通し。

JR東日本や首都圏の私鉄など69事業者でつくる「関東ICカード相互利用協議会」が導入を決めた。障害者割引に対応する専用のICカードを発売することなどが検討されている。

電車とバスの障害者割引は現在、交通系ICカードを利用できない。
割引を受ける際には、駅の切符の発売窓口で、障害者手帳を見せて購入するなど手間がかかっていた。

国土交通省や障害者団体が首都圏で実現するよう協議会に要望していた。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20210612-OYT1T50250/ 読売新聞オンラインから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

関西の方ではもう導入が済んでいるというJRや私鉄での障害者割引。

身体障害者には確かあったような。でも、SuicaやPASMOでは使えなかったですね。現金オンリーだった気が…。

私のような精神疾患者には全く関係のない話でした。

関西で導入されてるのにどういう事よ(# ゚Д゚)って感じですが、やっと重い腰をあげて来年10月以降に…って遅すぎないか?!ヽ(`Д´)ノプンプン

エナベルに通ってくる人もJR利用者多いですし、私がこれから行くだろう新しい事業所へもJR使うんです。

有難いことに、茨城ではバスが割引対応していてくれるので、(Suica使う場合はダメ)利用させていただいてますが、

特に茨城交通だと、いばっぴという独自ICカードがあってそれが障害者割引対応しててくれるので、茨城交通のバス利用者はいばっぴカードで障害者割引で乗り降りできます。

こういうのを利用していると、何故JRだけ…(# ゚Д゚)…って思ってしまいます。

関西は対応してるのに!!(;´・ω・)

今はコロナで県外に行くのはかなりリスキーで、どこにも行ってないですが、この制度が確立されたらもっとお手軽に旅行行けますね。

早く導入してくれないかな…何故にそんなに時間かかるかな…とモヤモヤしながら。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です