【茨城水戸情報】茨城空港 なぜロケ地に選ばれる? 『半沢直樹』で伊勢志摩空港に変身 『ガキ使』も

伊勢志摩空港に「超スピード」で変身
2020年8月16日(日)にTBS系列で放映されたテレビドラマ『半沢直樹』で、三重県にあるという架空の空港「伊勢志摩空港」が登場。
Twitterでも「伊勢志摩空港」がトレンド入りするなど、ネットを中心に大きな話題となりました。

茨城空港です。

茨城空港によると、今回の『半沢直樹』の撮影は、昼間に便と便の合間を縫って、1時間半から2時間程度で実施されたとのこと。
垂れ幕などの多くのセット類は撮影のために実際に付け替えられたもので、本来の茨城空港から「伊勢志摩空港」への変身に掛かった準備時間は1時間程度と「非常にスムーズだった」そうです。

そしてこの茨城空港、『半沢直樹』以外にもドラマやバラエティのロケ地として選ばれることが多い所です。どれくらいの頻度で撮影が行われ、そしてなぜ選ばれるのでしょう。

 

茨城空港での撮影頻度は? 『ガキ使』でも選ばれた理由は?
茨城空港によると、2019年度の同空港での撮影実績は13作品とのこと。単純計算で月に1回以上はテレビの舞台となっている計算です。

そして、これまでの実績で最も広く知れ渡っているもののひとつが、日本テレビのバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の2011(平成23)年の年末スペシャル『絶対に笑ってはいけない空港24時』でしょう。

茨城県内における撮影相談の統一的窓口となりロケの誘致なども行う「いばらきフィルムコミッション」によると、実はこの『ガキ使』の撮影時期は茨城空港の便数がまだ少なくロケの融通が利いた時期だったとのこと。

(中略)

先出の2社の担当者によると茨城空港が選ばれる理由は「製作会社が多い東京都心からのアクセスが良く、便数も比較的落ち着いているためではないか」と話します。

「いばらきフィルムコミッション」の担当者は、それに加え、ターミナルビルの規模が比較的コンパクトであることも、ロケがしやすい要因として考えられるのではないかとしています。

https://trafficnews.jp/post/99396 乗りものニュースから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

茨城は結構他の場所もロケ地に使われてますが、茨城空港が最近使われてるのは何故か?ちょっと気になったので。

製作会社から都心からアクセスが良く便数も比較的落ち着いている、ターミナルビルの規模がコンパクトということですか。

確かに茨城空港はコンパクトな空港だと前から言われていた空港です。

私は「ガキ使」リアルで見ていましたが、その頃からだいぶ使われるようになりましたね。

「半沢直樹」というビッグタイトルで使われたとあってはTwitterでも騒がれますよねー。

これからもいばらきフィルムコミッションにがんばってもらって、ロケ地として色々な作品で使われるといいなーと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です