【茨城水戸情報】引退発表 ウッチーありがとう ファンら感謝、惜しむ声

ありがとう、お疲れさま-。鹿島アントラーズのJリーグ3連覇に貢献するなど、数々の感動をサポーターに与えてくれた内田篤人(32)が20日、現役引退を発表した。

鹿島サポーターは、チーム貢献への感謝と、ねぎらいの言葉を寄せ、“ウッチー”の今後の活躍にエールを送った。

「もう一肌脱いでほしかったというのが本音だが、お疲れさまと伝えたい」。

鹿嶋市商工会青年部でアントラーズ応援委員会の委員長を務める山町浩信さん(37)はそう語り、第一線を退くことを決めたベテランに感謝した。

中でも「ヨーロッパで活躍後に鹿島へと帰ってきてくれて、サポーターとしてうれしかった」と振り返った。

スピードを生かしたオーバーラップとクレバーなプレーでサポーターを魅了した。

水戸市の大崎一誠さん(21)は「信じられない。また戻れるだろうと思っていた」と引退の知らせに驚いた様子。

最も印象に残っているのは史上初のJリーグ3連覇を達成した2009年最終節の決勝点アシストで、「勝負を決定づける活躍が多い選手だった」と振り返った。

現役最後となるホームゲームのG大阪戦(23日)は県立カシマサッカースタジアムで観戦する予定。「感謝の気持ちを込めて応援したい」と話した。

Jリーグ誕生時からチームのサポーターという鉾田市の三保谷敏さん(46)は、18年シーズンで引退した小笠原満男さん(41)と並び、「チームの“顔”だった。個人的には小笠原の後継としてみていた」と残念がった。

同市の西野翼さん(16)は、陸上部の練習終わりに鹿島の公式SNSで引退を知り、「精神的支柱としてチームを引っ張る存在として期待していた。

今シーズン終了までプレーしてほしかった」と惜しんだ。

https://this.kiji.is/669260091853292641 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

ほんのり鹿島アントラーズファンのウサギのTです。(汗)

内田篤人選手を入団から見てきたので、もう32になったんだ…という思いと、もっとやれるのになあ…という思いと。

鹿島とシャルケ、そして日本代表でかつやくしてきた内田選手。ってかウッチー。

私も今シーズン終了までやってほしかったけれど、これもウッチーの決めたことです。

第二の人生何をするかまだ決めてないかもしれませんが、頑張って欲しいです。

鹿島のキラキラなスター選手の一人でした。ああ、見れなくなるのが寂しい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です