【茨城水戸情報】《新型コロナ・感染拡大防止》結城紬で作ったマスク販売 結城つむぎセンター

新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続く中、結城市結城の観光施設、結城つむぎセンターでは結城紬(つむぎ)で作った手作りマスクを販売している。

施設を運営する結城物産の柴敦博社長は「結城紬を使ったマスクはここだけの販売で、贈り物にも最適。マスク不足が続いており少しでも役立ててほしい」と話している。

10日から販売を開始したマスクは、紺色(税込み1200円)とクリーム色(同1500円)の2種類。

動力で織ったいしげ結城紬を使用しており、軽くて温かみのある真綿(絹)の風合いが特徴だ。

結城紬を使ったネクタイや財布などを製造する加工品製造会社の提案で、店頭に並べた。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15869116815118 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

今は色々な企業や団体で手作りマスクを作っていますが、

結城紬のマスクとはなんと豪勢な!贈り物に最適ですね。お値段もちょっと普段使い…っていう値段ではないです(汗)

でも今、普通のマスクも高価になってますからね…。

そう思うと、結城紬のマスクといえども高価すぎる…とは言えないのかも??

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です