【心理】迷ったとき【スピリチュアル】

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さんは何かの選択で迷う時ってありますか?

そんな迷った時のスピリチュアルな意味と対処を紐解いていこうと思います。

 

長い長い人生を生きていると迷うことなんて一度や二度してありません。
小さな悩みで言えば毎日何十個もあるいはそれ以上迷うようなことがありますし、人生の大きな選択でも迷うこともたくさんあります。
スピリチュアル的に言えば、この世界は二元的なので善悪が存在し、右に行くか左に行くかなど、つねに選択をしながら生きていかねばなりません。
進学の進路もそうですし、将来どのような職業に就くか?どんな会社に就職するか?

今の会社でずっと働いていていいのだろうか? この人とお付き合いしてもいいのかな? 

a さんと b さんのどちらの言うことを信じたらいいのだろうか?この人と結婚していいのか? 

結婚式はいつどこで挙げて誰を招待しよう?家を買うかマンションを買うか? 

親が病気で倒れたけれども兄弟の誰が面倒見るのか?言い出したらきりはありませんね… 人生に迷いごとはつきません。

迷うとき、スピリチュアルな心構え

迷った時に何をどのように決断するかによって先々の人生や運命が大きく変わる瞬間はあります。

みんなそれがわかっているからこそ、そして戻れない決断があるからこそ、迷い悩み苦しみます。
迷う時とは、つまり考えなければいけないときであり、決断しなければならないときでもあります。

ですから迷うときとは人間が成長するための機会でありその機会には常に変化が伴っているということがいえます。
迷ったときにはそれが変化と成長の機会であるとまずは受け止めましょう。

苦しい選択をしいられるような迷いであったとするならば、その苦しい選択の中にこそ未来への活路があります。
ビジネスを世界ではよくピンチはチャンス チャンスはピンチと言った言葉が使われます。

スピリチュアル的に言うならば、この二元的な世界では物事には常に二つの極が在り、善悪や裏表があります。
ピンチの時にそれを乗り越えれば新たな力を得ることができるでしょうし、チャンスの時におごり高ぶってチャンスを逃さそれはすぐさまピンチに変わってしまいます。
ですから迷ったときに本当に最善の道に進みたいのであれば… 何かつかみとりたいものがあるのならば… 正しいことに全力で取り込むということをしましょう。

油断は足元をすくわれ、真摯さや謙虚さは確かなものを積み上げます。

迷いを人に相談するときのスピリチュアルな心構え

迷ったとき、自分一人で決められないときには、友人や家族や上司など誰かに相談するということは普通にあると思います。
人に相談するときに大切なことが一つあります。

自分が当事者であるということを忘れないことです。

他の天空の庭先で繰り返しお伝えしてることがあります「自分で感じて考え、最後は自分で決める」ということです。

なぜ自分で考えなければならないのかなぜ自分で決めなければならないのか?それはあなたの人生はあなたのものだからです。
ですから何人に相談しようと、何十人に相談しようと、あるいは賢者が答えを教えてくれたとしても、それを聞いたあなたが何をどうするかを自分で決めましょう。
そうすることであらゆることを自分ゴトとして捉え、その決断に自分で責任を持ち、その想いと行動があなたの成長に確実に繋がるからです。

自分の人生を人に委ねきってはなりません。

迷ってどちらも選べないときのスピリチュアルな心構え

選択肢が在り、迷ったとき、どうしてもどちらも選べないというときでも、「今は選択をしない」という選択をしましょう。
選べないときでも、選べないままではなく、「選ばない」と自分の意志で決めることが大切です。

あわわどうしよう…ではなく、 A という道に進んだ場合はどのような未来が待っているのか? B という道に進んだ場合はどのような未来が待っているのか? それぞれのメリットとデメリットをどちらかではなく両方を考え想像しそして対策を練るということが大切です。

そして「どちらも選ばない」という選択をしたときに、選択をいつまで保留するのか?どういった条件になれば再び選択を検討するのか?など、条件をしっかりと決めておきましょう。
そうすることで、どちらも選ばないということが状況に流された結果ではなく、あなたの判断によって行われたと言えるようになります。

ここまでの話の中でそれでもまだ自分の悩みに答えが出せないという人はまだいるかと思います。

迷いに対して導き出されるべき答えとして一つの真理があります。
もしあなたが自分の迷いに対してどうしても答えを出せない時には私がこれからお話しすることをよく考えてそして自分で感じて考え自分で決断してみてください。

迷った時に選ぶもの

人が迷い苦しむのはこの世界が二元的であるためです。
たとえば善悪、幸運と不運、健康と不健康、豊かさと貧しさ、なにごとにも相対する力が働きます。
そのために人は何かを比べたり、何かと比べたり、2つ以上の選択の中から迷ったり思い煩い、苦しんだりもします。

この世界は二元的ですが、神は一元的です。
この世界は二元的ですが、もし人が神のように一元的なれたなら、一元的に生きることができたなら迷うこともないでしょう。

例えばですが、もしあなたが今突然、どこかのスラムの中に無一文でほおりだされたらどうでしょう?
あらゆる不安や迷い、恐れや混乱が生じるとおもいませんか?
しかし世の中には進んでそのような環境に身を置くことができる人もいます。

マザーテレサが良い例だと思います。

つまり、右か左かの選択は二元的です。

今が貧しいか豊かかを考えることも二元的です。
右に進むか左に進むか、今、自分が物質的にとか環境的にどうこうよりも、

「愛や理想を持って今を生きているのか?」

のほうが重要ですし、愛や理想を持って生きている人はどのような状況や環境においても一番大切なことを、
つまり「愛」に対して一元的なので迷うことはありません。

迷った時には、「愛」を原則に考えてみてください。

(中略)

立ち止まろうとも、右に進もうとも、左に進もうとも、失敗する人はどっちに進んでも失敗しますし、後悔する人はどっちに進んでも後悔します。
愛を原則とする人は、愛を持てなかった時だけ失敗と後悔を感じますがそれも学びと知っているので最終的には失敗も後悔もしません。
愛は一元的で、愛は失敗せず、愛は傷つかず、愛は神に繋がる無限のエネルギーです。
迷ったときには私たちの原点でもある神に、つまり愛に立ち戻ってみてください♪

選ぶのは右か左か? 選ぶべきは愛です。

【引用元】https://arcangel.jp/spiritual/spiritual-basic/hesitation/

 

 

私の場合は仕事を選ぶにしても得意なことや好きなものがたくさんあるのは良いんだけども、選択肢がたくさんありすぎると逆にどうしていいか分からないパターンです(汗)

好きなもの(趣味系)は純粋な気持ちでたくさん追いかけてこれるんですが…。

それと同じ感覚だとなんとなく分かる気がするのだけど、自分の道筋となると途端に迷走してしまう。

迷走しまくって誰に頼っていいねんと更に分からなくなって無気力になって途方に暮れるやつですね。

結果適当なとこ選んで「なんか違う」となって後悔してしまうやつ(笑)

今相談相手も周りに増えてきたんですけど、増えたはいいけど今の現状打破するのにどの意見汲み取ったらいいの?となっている状態ですね(;^_^A

迷っていると直感が鈍っちゃうんで、どうしたもんかとなってる感じです。

なんとかなるといいなぁ(棒読み)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です