【引きこもり】ひきこもりなせいで友達がいなくなる

ひきこもりやニートになると友達が減りませんか。私の場合はだいぶ減ってしまいました。

別にその友だちが「まともに働けないダメ人間と一緒にいるとこっちまで精神が腐ってしまう」といった理由で離れたわけではありません。

向こうは普通に自然体のまま接してくれました。差別的なことをしない、とっても気のいい人たちでした。

でもね、一緒にいて苦しいです。

自分がニートであるという現実が重くのしかかってきて、劣等感を覚えてしまうんです。「自分はこの人たちと比べて劣っている。だから一緒にいるべきではない」と考えるようになってしまうんです。

友人たちは大企業に勤めてるとか年収1000万円とか輝かしい人ではありません。一般人に属していて普通の仕事をしており、完全に庶民です。

でも、ダメでした。

釣り合いが取れていない?

自分で自分の生活費を稼いでいるか。

つまり自立できているかいないかの差がどうしても大きく感じられ、自分は最底辺だから、普通ラインにいるこの人たちとは関わってはいけない。

被害妄想だとはわかっています。こういった考えを友だち達に言っても「そんなこと気にしなくてもいいのに」と返ってくるでしょう。

確かにそう。でも、根がネガティブなせいで気にしないようにしても気にしてしまうんです。

そうして、その友だち達とは自然に関りがなくなっていき、やがて消滅してしまう。

(中略)

同じ境遇の友達をつくるのもあり?

それなら同じ境遇の人と仲良くなればいいじゃん、と思います。

実際、ひきこもりニートの人と会ったことはあるんですが、表面上はごく普通だと感じました。

外見だけで判断すると課長クラスのサラリーマンぽかったりベンチャー企業の偉い人ぽかったり。

人間の最底辺に位置しているという妄想に毒されている私にしてみると、そういう人と仲良くしてもいいんだろうか?などと考えてしまいます。

まあ私も外見はそれなりに着飾っているので、向こうも同じことを思っているのかもしれませんが。

私にとってのひきこもりのイメージって、髪の切ってないから長髪で、すごい猫背で、ぼそぼそとしゃべって、部屋の隅で体育座りしてるような人なんです。

自分がひきこもりのくせに、そのイメージはないだろうって感じですけど。

そういう人たちとは同類の匂いを感じ取って仲良くできる気がするんです。けどそんな人いませんね。ひきこもりたちも見た目は普通な人が多かったと感じました。

引用先です↓

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

私も引きこもりの時期、友達が減りました。私の場合は「まともに働けないダメ人間と一緒にいるとこっちまで精神が腐ってしまう」…と思われたのかもしれません。

うつ病も引き起こしていたから、一気に減った気が…まともに働いてた時期が嘘のようです…。これは悪夢なのかと思いました。

触らぬ神に祟りなしって事なんでしょうね…辛かったです。

この方は自分の劣等感でダメになってしまったそうで。私の場合は違いましたが、気持ちはわかります。

普通に家族を作ってる友達とはいつの間にか疎遠ですからね。うつ病患う前からも。

会う時間がないというのもありますが、自分の劣等感があったんだと思います…。

話もきっと合わないだろうな…と逃げてしまった気がします。それで自然消滅…。

人間関係もある程度はマメに連絡取り合ってないと壊れてしまいますからね。

それなら同じ境遇の人となら!!…って私も思いました。未だに難しい感じです…orz

事業所では仲はいいんですけど、それ以上っていけるのかなー。いけるといいなーそんな感じですね。

引きこもりの人たちもステレオタイプな人もいるとは思いますが、普通の人もいるわけで。

是非この方には頑張って友達を作ってほしいですね。友達は大事です~。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です