【今日は何の日】5月20日

読者諸兄におかれましては、いつも拝読ありがとうございます。長尾です。

ニュース関連に関しては、T氏が担当されていますので、自分はちと切り口を変えてみようかと。

すなわち、『今日は何の日』というのを題材に、綴ってみようかと思います。

 

本日5月20日は、ポルトガルの探検家ヴァスコ=ダ=ガマが、1498年にインド西岸、現在のカリカットに到達した日、だそうです。

ヴァスコ=ダ=ガマ、というと、歴史の教科書で暗記に励んだ方も多いのではないでしょうか。

大航海時代の先駆けとして、ポルトガル悲願のインド航路を開拓した英雄。そんな彼ですが、実は彼に関する史料について、残存しているものが少ないのだとか。

その原因は、1755年に発生したリスボン地震による震災と津波によるもので、その際にポルトガル王立図書館に保存されていた史料のほとんどが失われたそうです。自然災害によるものとはいえ、残念で仕方ありませんね。

筆者が、ガマの名前で思い起こされるのは、光栄……現コーエーテクモゲームスが過去に発売していたゲーム『大航海時代』。そのオープニングに、インド航路から凱旋したガマが登場し、主人公を含めたリスボン市民の羨望の眼差しを一身に受けるという、まさしく英雄として描かれています。

肉の需要が増していた当時の欧州において、香辛料は黄金と等価値と言われるほど貴重なもの。それを安価で手に入れるために必須であった、危険なインド航路の開拓に成功したガマは、財政に困窮するポルトガル王国を救った大英雄、という見方もできます。

なお、スペインの支援を受けた有名な探検家、クリストバル=コロンこと、クリストファー=コロンブスは、これより以前の1492年に新大陸に到達しております。

多くの探検家が、まだ見ぬ海路に夢を抱き、大海原に乗り出した時代。これもまた、一つのロマンと言えるのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です