【アルコール依存】禁断症状

アルコール依存の禁断症状というと、よく手が震えたり暴れたりというような事が想像されがちですが、実はそれは一部といったものであります。

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。。

アルコール依存の禁断症状というのは、精神依存の場合は、無性にイライラしたり、抑うつ状態になったりなど、あまり激しくないものが多く、それがかえって重度のアルコール依存になりやすい原因ともなっています。

私も今はかなりの抑うつ状態で、上手くストレスが発散できずにイライラしていたり、テンションが上がらなかったりしています。

いつもは、こういう気分になったときに酒を飲んでテンションを上げていたんですよね……。

なので、今はけっこうお酒が飲みたいという感情が湧いてしまっています。

しかし、この誘惑に負けて酒を飲んでしまうと、余計に精神も身体もダメージがくるので、今は我慢しております。

今が我慢のし時といった状態であります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です