【アルコール依存】断酒と引き換えの過食

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

相変わらず断酒は続いております。

断酒を続けているおかけで、体調もいいですし、なにより精神的に安定していますし、Twitterも炎上しなくなっていて(だいたいの炎上は酒飲んでたとき)順調なのですが、良いことばかりではないようです。

というのも、最近悩まされているのが『過食』です。

自分の経験からでも、アルコール依存の本などでも言われていますが、アルコール依存症の人間は空腹になると酒を飲みます。

私もそうなんですが、空腹になると、食べたいというより酒が欲しくなってしまうんですね、それを避けるために空腹にしないようにしているのですが、そのせいで間食がひどく多くなってしまいました。

そして、アルコールを断つと本当に甘党になるんですよね。

脳のメカニズムの関係らしいですが、甘いものを食べると酒を飲んだときに近い脳内物質が分泌されるので、断酒をしていると甘い物がほしくなります。

本当にイライラしたときなど、甘い物を食べるとけっこう落ち着くので、ついつい、コンビニなどで甘いパンやチョコレートやクッキーなどを買いまくって、部屋に常備しては食べてしまうのですね。

医師からはメタボが酷いので糖尿病の恐れがあるよと言われているのでカロリーを抑えなくてはならないのですが、酒が飲めない上に甘い物まで絶たれるのはちょっとキツイものがあります。

正直、酒を飲むよりはマシなので甘い物は勘弁してくれという意識で、ついつい食べてしまいます。

まあ、実を言うと医師もこれは許容範囲らしいんですが、それよりも問題なのが一つあります。

眠る前に甘い物や炭水化物が欲しくなるんですよ!

こればかりは医師に「寝る前に二時間は食べないこと」と注意されているのですが、どうも睡眠薬を飲んだ後に食べ物がほしくなってしまうのです。

今まで酒を飲んで眠っていた反動なのかもしれませんが、寝る前にお腹いっぱいにしていないと睡眠薬を飲んでも眠れないんですね。

これはメタボのためにもよくないですし、胃も休まらないので本当にやめろと言われているのですが、どうしても食べてしまいます。

そのために、今は、いろいろと工夫しながら「せめて量は減らそう」と努力している最中です。

そのおかげか、以前は眠る前に丼いっぱいの飯を食べたりしていたのですが、今はレーズンを小袋一つぐらいで眠るようにしています。

とにかく他の過食や間食には目をつぶってもらうにしろ、この寝る前に食べないと眠れないという悪習慣だけはなんとかしなくちゃと、毎晩煩悶しております。

今日は食べないで眠るぞーと思っていても、いつのまにか冷蔵庫を漁っていたりするんですよね。

少しずつ減らしていきます……。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です