睡眠で疲れが取れないときは?

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

暑いですねー、が挨拶がわりになりつつある今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私は自室に冷房がないので、うっかりその部屋で寝てしまうと熱帯夜で汗びっしょりになり、翌日脱水症状のような状態になってしまって、眠ったら余計にバテてしまったりすることがよくあります。

そんなわけで、仕事のある日には冷房のある部屋でエアコンをつけて眠っていますが、いろいろ話に聞くと「エアコンはこまめにスイッチをオンオフするよりもつけっぱなしにした方が電気代安い」とよく言われています。

しかし、エアコンのメーカーであるダイキンの実験によると、夜間は電気代をこまめにオンオフした方が安いという結果が出ていたりします。とはいえ、どうやら大差ないようですので、この猛暑と熱帯夜ですからつけっぱなしにした方がよいかとは思います。

私もそうしているし。

だって、そうじゃないですか、電気代をケチッて体調を崩した方が医療費がかかったり作業の能率が悪くなったり、仕事に行きたくなくなったりとデメリットがケチった電気代よりも高くつくのは明白です。

ところで設定温度についてですが、人間は夏場に快適に眠れる温度と湿度は「室温26度以下、湿度50~60%」ぐらいだそうです。

私は人より暑がりなので26度に設定していますが、27-8度ぐらいでつけっぱなしにするのがよさそうですね。

実際、エアコンのある部屋とない部屋で眠っていると、もう全然違うというより、エアコンのない部屋で眠ったときの全身の気だるさや精神の消耗は酷いものでしたので、もうあきらめてエアコン様に頼ることにしています。

猛暑と熱帯夜の続く今年の夏は、エアコンの電気代は生きるためのイニシャルコストだと思った方がよいと思います。

睡眠はむしろ健常者よりも大事なので、ゆっくり眠れる環境は大事ですよね

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です