チキン南蛮宮崎風

規則正しいごはんって大事ですね!

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているОです。

今日は、チキン南蛮宮崎風です。

ここでふと考えたのです。チキンカツも鶏のから揚げも、チキン南蛮も好きですが、いったいそれらの違いはなんだろうか? とりあえず、チキン南蛮の定義とは? 知らなかったので、検索してみました。

チキン南蛮

鶏肉に小麦粉をふり卵液を絡めたものを揚げ、甘酢に浸した揚げ物料理。元来はムネ肉を使用するのが一般的だったが、現在は脂肪分が多くボリューム感もあるモモ肉を使う料理店も多い。上からタルタルソースを掛けたものがポピュラーであるが、発祥の店の一つ「直ちゃん」は現在もタルタルソースを使用せず、タルタル無しでもチキン南蛮と呼んで間違いはない。

小麦粉と卵液については唐揚げと同じですね、これを甘酢に浸したものがチキン南蛮の定義のようです。てっきり揚げる衣が違うのだと思っていましたが違うようです。

確かに甘酢の味がしましたし、タルタルソースもよく合っていて美味しかったです。

右にあるのはひじきの煮物。これは何度もお弁当に登場していますが、ひじきの煮物は体によいですし、多品目の食事には、わりと必須なんでしょうねえ。

左上にあるのは、大根のかにあんかけ、大根のあんかけって風呂吹き大根のように鶏肉ではなくカニもありなんですね。とはいえ大根の味や歯ごたえの方が強くて、カニ? カニ? という感じでした。カニカマなのかな?

右上のがんもの炊き合わせは美味しかったですが、これで一番おいしかったのが、意外にもオクラでした。私はオクラのネバネバは好きなんですが、このように丸ごと出されると毛羽だっているのが気になったりして、あんまり好きではありません。

ところが、このオクラはきれいに毛を取ってあって、丁寧に煮あがっていてとても柔らかかったのです。ふわっとネバネバした食感が、なめらかでとっても美味しく食べられました。

チキン南蛮もなかなか美味しかったです。

今日もごちそうさまでした!

 

Follow me!

チキン南蛮宮崎風” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です