サバの味噌煮

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているОです。

今日のお昼の『サバの味噌煮』です。

エネルギー356kcal タンパク質17.4g 脂質19.1g
炭水化物27.2g、食塩相当量2.8g

サバの味噌煮はサバの味がちゃんとしているのが、こういう弁当ではすごいと思います。最近の冷凍食品の技術の進歩ってすごいですよねー。

鯖の風味がちゃんとしているので、味噌煮は健康のために味噌の塩分などが少なめになっているのですが、美味しく食べられます。

そして毎回言ってますけど、骨がないのがいいですよね。

鯖のような魚から小骨を取る作業って大変だと思うんですけど、これが250円で食べられるのだからお値打ちだと思います。

あとは高野豆腐の卵あんかけも和風な味付けでとてもいい味わいですね、グリンピースがとりにくいですけど、まあそれはご愛敬。

にしても、Googleアドセンスをとるためには1記事800文字以上ぐらい書かなきゃならないとかいう記事を見たんですが、こういう弁当の感想記事で800文字って、いったい何を書けばいいのか? と思いますね、しかも毎日食べるものですし、25種類あるとはいえ、毎日食べていれば何周もしてしまうわけで、同じことを何度も繰り返さねばならないのでしょうか?

というわけで、これからはメニューに係わるちょっとしたネタを入れていこうと思います。

ブームの「サバ」に異変 サバを捕りすぎた?!値上がりも

https://www.fnn.jp/posts/00420880HDK

今サバは健康食品として人気らしいのですが、ブームでサバの漁獲量が上がり過ぎて値上がりしているそうです。

サバと言えばお安い庶民の食卓のお供といったイメージらしいですが、原産地の8割を占めるノルウェーでは漁獲量の制限が入って、値上がりが続いているそうです。

しかも、サバ缶は今世界的なブームらしく、値上がりがこのまま続く傾向にあるようです。

個人的にマグロとかクジラはそれほど気になっていなかったのですが、気軽にサバが食べられなくなるのは打撃が大きいですなー。

鯖缶もいつまで安く食べられるかわからないのか……

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です