ケータイ版「モバゲー」サービス終了 2006年からの歴史に幕 スマホ版は継続

ディー・エヌ・エーは同社の代表的なポータルサイト「Mobage」のフィーチャーフォン向けサービスを12月15日をもって終了しました。

今回終了となったのは「ケータイ版モバゲー」。同社は「今後はスマートフォン版モバゲーにてお楽しみください」としています。

Mobageは2006年2月に「モバゲータウン」としてサービス開始。
日記などのコミュニティー機能に加え、ニュースなども検索できるケータイ向けポータルサイトとして圧倒的なユーザー数を誇り、2009年9月には会員数が1500万人を突破。2011年3月にはサービス名を現在のMobageに改めました。

他のユーザーにバトルを仕掛けられるソーシャルゲーム「怪盗ロワイヤル」はユーザー数が1300万人を超えるほどの社会現象に。
2010年12月にはスマートフォン版Mobageがブラウザ上でサービス開始となり、アプリ版も2011年5月に配信開始しました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2012/16/news058.html ねとらぼから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

このニュースを見て、一時代が終わったんだなあと感慨深かったです。

今まで続いていたのも凄いですけど、ついにスマホに完全移行。

私は特にやってはなかったんです。だけど周りはやってる人居ましたね。

SNSの始まりですね。ケータイでの。

今は山ほどあるSNSだけど、ケータイでSNSをやり始めた人ってここからって人も多いのでは?

怪盗ロワイヤルはかなり聞いた名前ですね。かなり流行ってましたね。

時代は流れて、今はスマホに。

やってはなかったけど、懐かしい。

まあMobage自体はスマホやパソコン版で頑張っていますが。

一時代を作ったコンテンツとして、遠い目で見てしまいますね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です