エナベルの作業風景 その2

今回は、エナベルの利用者なら必ずといってもいいぐらい割り当てられる、いわばエナベルの登竜門ともいうべき『puttee SHORT』(プットティーショート)のパッケージング作業です。

これが完成品です。

このプットティーショートを、

このようにプラスチックケースに見本通りに並べていきます。

色や高さを間違えないように、急がず慌てず丁寧に。

そして並べたらプラスチックケースの中にスリーブを入れてパッケージングしてホチキスで止めていきます。

動作そのものは簡単ですが、同じ色でも高さが違ふものが2種類あったりするので、気を付けないとケアレスミスが出てしまいます。しかも、何回も反復して集中できないと作業が続きませんので、根気のいる作業でもあります。

Оもやったことありますが、最初はいくつかケアレスミスをやってしまいました。でも、これやってみるとけっこう集中できて、個人的には面白い作業だと思います。

案外、単調な作業の中にプットティーショートのカラフルさが救いになったりするんですよ。

やっているうちに落ち着いたりできる、こういう就労支援にはとても優れた作業だと思います。力もいりませんし、危険でもないですからね。

私はけっこう好きなんです、これ。

ちなみにここで製作されたプットティーショートはこちらでご購入することができます

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です