【障害者雇用】障害者雇用の可能性開く 食品ロス削減にも一役

昨年12月、市内にオープンしたコッペパン専門店「横浜コッペ」(南区松が枝町23の5)が、従来とは異なる形での「障害者就労支援」に注力している。

同社は障害者雇用の現実として、身体障害者に比べて、知的・精神障害者の雇用機会が少ないことに注目。
厚労省が3月、一定の基準を持つ企業に対して障害者の法定雇用率を2・3%まで引き上げたが「知的・精神障害者の雇用率は身体障害者に比べて低い。
雇用されても法定雇用率を守るためだけに生産性がない作業を任されている場合も少なくない」と同社の佐藤善彦代表は話す。

「障害者の皆さんにとって、やりがいのある仕事を継続して作りたかった。そのためには補助金に頼らず利益を出すシステムが必要」と佐藤代表。
そこで同社は現在、企業が雇用した知的・精神障害者に有益な仕事を提供し、さらに利益も生み出す事で、行政からの補助金を頼らずに安定した運営を図る「全国でも珍しい」システムに取り組んでいる。

 

ロスパンに販路

店舗でのパンの製造・販売に加えて同社では、通信販売などを行う「フードエコスタイル」が運営するロスパン専用サイト「エコスタパン」に製品を出品。
自店のパンや同業店で売れ残ったパンを仕入れ、冷凍し、詰め合わせて通販で販売する事業を行っている。

同社はそこで、障害のある従業員には使用材料表示のシール貼りや袋詰めなどを業務として提供。
「単純だが量をこなす必要がある作業は知的・精神障害者に向いている」(佐藤代表)と言い、1日で200個ほど作り上げる。
廃棄する予定だったパンに販路を見出し、障害者雇用と同時に食品ロス削減にも大きな役目を果たしている。

雇用主である企業には障害のある就労者の給料、保険関係費、交通費などを負担してもらい、同社は生産性がある仕事を提供するというこのシステム。
佐藤代表は「都市部に本社がある企業に提案したい」と話す。

https://www.townnews.co.jp/0301/2021/05/07/572924.html タウンニュースから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

身体障害者に比べて、知的・精神障害者の雇用が少ない…これは事実ですね。

私もこれが理由で、就職を希望してた会社にダメ出しを食らってしまいました。

離職率が関係してるとか?他のサイトを見てみましたが、断トツで精神疾患の障害者が多いんですよね…。

知的障害者はそうでもなかったんですけどね。

うーん、この差はなんだろう??って思います。

最初健常者だったのに、仕事が激務とか人間関係で悩んで結果的に精神障害者になってしまった…というものも含まれるんでしょうか?

私も精神障害者だけに辛い現状です…orz

この会社では今問題になっているフードロスに尽力していて、自店のパンや同業者で売れ残ったパンを仕入れ、冷凍、詰め合わせで通販…ということを行っていて、

そこに知的・精神障害者に就職の機会を与えています。

残念ながら、都市部が主体…と考えられてるようなので、茨城は都市部とはとても言えませんから、関係ないのですが…(´;ω;`)ウッ…

この取り組み自体素晴らしいことだと思います。

こういう障害者を分かってくれるところで働きたいですね…

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です