【障害者福祉】eスポーツを活用した「障がい者就労支援プログラム」を「eスポーツジム™」にて運用開始

どうも、就労移行支援を受けているMです。

またどこかで障害者支援とeスポーツのプログラムが始まったらしいですね。

 

ゲシピ、eスポーツを活用した「障がい者就労支援プログラム」を東京メトロ協業のeスポーツ専用ジム「eスポーツジム™」にて運用開始

eスポーツ教育スタートアップ企業のゲシピ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:真鍋 拓也、以下「ゲシピ」)は、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:山村 明義、以下「東京メトロ」)と共同で運営を行うeスポーツ専用ジム「eスポーツジム™ 」にて、障がい者就労支援センター「コレンド」を運営している株式会社ティービーエスオペレーション(本社:東京都江東区 代表取締役 根津史明、以下「ティービーエスオペレーション」)と連携し、eスポーツを活用した障がい者就労支援プログラムを運用開始しました。

eスポーツジム™とは

「eスポーツジム™ 」は、国内eスポーツの裾野を拡大し「いつでも誰でもeスポーツを真剣に楽しめる世界の実現」を目指し、2021年6月にオープンしました。

「明るく、健康的で、誰でも入りやすいeスポーツ施設」をコンセプトに、eスポーツを楽しむ方がオープンで心地よく過ごせる場所を提供しております。

月額会員制でのジム施設の利用に加え、オプションで施設又はオンライン上でeスポーツプロプレイヤー等からレッスンが受けられるサービスを提供しております。

初心者から上級者まで、誰でも学びトレーニングすることが可能です。

eスポーツを利用した障がい者就労支援プログラム

ゲシピでは「eスポーツを通して人の可能性をひろげる」をミッションに、「eスポーツ英会話®︎」や「eスポーツジム™」などの様々なeスポーツ教育コンテンツを提供しております。

このたび、eスポーツジム™にて提供するトレーニングプランの一環として、「eスポーツを活用した障がい者就労支援プログラム」を新たに開発しました。
このプログラムは、誰でも楽しめるeスポーツを障がい者就労支援プログラムに取り入れることで、社会進出を目指す障がい者の方が楽しみながら意欲的に学習に取り組めること、また、社会に出るうえで必要となるコミュニケーション力や記憶力、判断力、論理的思考力を養うことを目的としています。
7月末にティービーエスオペレーションと共同で実施したトライアルでは、ゲームの基本的なルールや操作説明、デモンストレーションなどを含むプログラムをおこない、参加者からは「苦手だと思い込んでいたPCのキーボード操作も楽しくできて、いつもより集中できた」といった声が多く聞かれました。

【引用元】https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000031716.html【PR TIMES】

 

東京メトロって、あの東京メトロ!?( ゚Д゚)

障害者支援とeスポーツって、やっぱり相性良いんですかね?(*´Д`)

就労支援関連の記事を漁っていると、だいたいの確率でこういった記事が入ってきますね。

茨城もeスポーツを盛んに行っているのだから、こういうことやればいいのに(´・ω・`)と思っちゃいます。

ゲームを通じてスキルとコミュ力も高められて、年齢の垣根を越えて仲間と一緒に楽しめるから一石二鳥ですね(*‘∀‘)

そのうち、音ゲーも広まってくれないかな…(ΦωΦ)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です