【障害者福祉】24時間テレビの放送を楽しみにする声もある反面、反対する声も多く「反吐が出る」と言われる理由

24時間テレビ なぜやめない?「反吐が出る」とまで言われる理由は何?

こんにちは、エナベルで就労移行支援を利用しているAです。

 

いまや夏の風物詩ともなっている24時間テレビ・愛は地球を救う

テレビで見たり、寄付をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

しかしなかには、24時間テレビが嫌いだという人もけっこういるようです。

 

私も社会人になるまで

24時間テレビが大嫌いでした。

 

『24時間テレビ』にも、その他に挙げたドラマにも、私はそのすべてに敬意を持っています。

制作に携わった方々は障害者の現実を伝えようと、高い志を持ってくださっていた・いるのでしょう。

番組を通じて、障害者が置かれている現状をひとりでも多くの人に知ってもらいたい、その想いは当時でも充分感じ取れました。

ですが、

障害があることで「可哀想」というレッテルが貼られ、視聴者に消費される「コンテンツ」になってしまう。

それは障害者を一括りにして、一人ひとりを人間として見ていないことと同義ではないか。

昔の私はそう感じました。

けれど、今の私は、「これを機に、障害者について知ってもらえるかもしれない」と捉えることができるようになりました。

 

さて、ここで皆さんには、ある疑問が浮かんでいませんか?

「いったい、“感動ポルノ”って誰に迷惑かけてるの?」

「“感動ポルノ”が障害者にもたらす負の側面ってあるの?」

 

みなさんは、「日本人」や「女性」や「眼鏡をかけている」といったみずからの属性によって中身を判断され、窮屈な思いをしたことはないでしょうか?

そう、障害者だって同じなのです。

例えば、「マジメで健気に頑張ってる人」というレッテルを貼られた人生を送っていくことは、とんでもなく窮屈で、しんどいですよね。

 

しかし番組を通じて集まった募金だけは、全額そのまま社会福祉のために使われています。

なので、まずは24時間テレビへの賛成反対・好き嫌いの意見を両方とも聞き入れてみたり、

片側だけの意見を聞いて流されないように注意してみるとよいかもしれません。

そのうえで最終的に、あなた自身の意志で決めた答えが正解なのだと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です