【障害者】福祉施設の女性職員に包丁見せながら脅す、男逮捕

松山市西石井の福祉施設で入所者の男が職員を包丁で脅して逃げた事件で、愛媛県警松山南署は27日、就労支援施設作業員の男(30)を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

発表では、男は26日午前6時50分頃、福祉施設で、50歳代の女性職員に包丁を見せながら脅すなどした疑い。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210428-OYT1T50142/ 読売新聞オンラインから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

就労支援施設で、福祉施設に入所してる男性が、女性職員に包丁を見せながら脅した…。

今までは職員からの暴力の報道が多かったですが、今回は逆です。

どういう経緯でこういう事になってしまったのか…。どんな病名をあてはめてみても、これは警察沙汰ですね。

人としてやってはいけない行為ですね。

色々な人が障害者という区分にいますが、どんな障害者であれ、これはやりすぎです。

エナベルでこんな事件があったら…怖い怖い…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

病に寄っては我慢ができずにいきなり行動に出てしまうんですかね…怖い事です。

 

よく精神疾患の患者が警察沙汰を起こすと、精神疾患だからと罪が軽減されることがありますが、

それが殺人にまで至ったら、どうなんだろう?と私は考えます。

病気だから仕方ないとは思いますけれど、なんの咎もない被害者だったらと思うと…。

昔から言われてきた問題ですが、難しいですね。

私が被害者家族になったら、どう思うんだろう…?自分も障害者なだけに。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です