【障害者】知的障害を持つ男性に痴漢された女性 涙の主張に「難しい問題」と様々な声

体を擦りつけられ怖い思いを…

投稿者の女性は、スーパーのレジで会計を済ませているときに、知的障害を持つ男性に、急に体を擦りつけられて付きまとわれたという。

しかも、その男性は大声で歌ったり、怒鳴ったりしていたため、店員や周囲にいた人たちも助けてはくれず、とても怖い思いをしたんだとか。

そしてこの件で、投稿者は過去のトラウマを思い出すことに。それはこんな体験だった。

社会人になりたての頃、投稿者は道端で、障害を抱えている男性からメモ用紙を渡されたという。

そこには「助けてください」と書かれており、親切心でついて行ったところ、「体が痛くて座れないので、膝の上に座らせて休ませてください」と書いてあるメモを追加で渡されることに。しかもそのとき、体で逃げ道を塞がれたんだとか。

この一件は長く時間が経った今でも投稿者の胸に深い傷を残しているようだが、デリケートな問題である分、今までなかなかリアルで話すことはできなかったと言う。

そして、他のネットユーザーに対し、「このようなトラブルに巻き込まれた時、どう対応するのが正解なのでしょうか?」と疑問を投げかけたのだった。

 

■「泣き寝入り」と悲しみの声も

「本当にひどいよ。姉が訪問介護やってたから、よく聞いた。 触るとか、局部を見せてくるとか」

「子供の頃、近所にいた知的障害者に殴られたけど、あまりのショックに母にも言えず泣き寝入りしてしまった。それから30年近く経つけど本当にトラウマだし性格も暗くなったし訴えたいくらいだ」

「若い頃、痴漢被害にあいました。防犯カメラの映像で犯人が特定されましたが、障害のある人だったので結局泣き寝入り。相手の御両親が80代後半と、かなり年老いた方だったし、兄弟も親戚もおらず。とにかく話し合いすらまともに成立しなかった」

「電車で触られた。 誰も助けてくれなかったし、どうしたらいいのかわからなかった」

「知的な障害があっても性欲は等しくあるだろうから難しいよね」

しかし、単純に相手を責められるワケではない分、心に傷を負いながらも、諦めるしかなかった人も多かったようだ。
また、このように多くの声が寄せられる一方、「健常者にもおかしな人がいるのと同じで、障害者だからと言って一括りにするのはおかしい」など、過激な意見を諌める趣旨の投稿も見られた。
なお、このトピックにおいて、もっとも多く寄せられた解決策は「警察に連絡する」というものだった。しかし、いつでも近くに交番があるワケではないし、通報の難しいタイミングもあるだろう。

https://sirabee.com/2019/04/08/20162055521/2/ SIRABEEより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

たまにニュースなんかで見かける事件…。障害者が健常者に何かやらかしてしまうと…というお話。

こういう話を昔から聞くので、障害者じゃなかった頃の私は、ちょっと障害者が怖かったこともあります。

なにか実害があっても責めることができないので。今、障害者という当事者になって、その思いは複雑です。

障害者だからって一括りにするのはおかしい…と本当に言いたいです。

健常者だって色々な人がいるのだから、障害者だからって…って。一握りの人だと思いたいですけどね…。

誰だって人を傷つけちゃいけない。人に迷惑をかけちゃいけない…って思うけれど。

でも障害によって、そのモラルというか守らなきゃいけないルールより欲望の方が勝ってしまってそんな事言いだしたり、やらかしたりしてしまうんでしょうね。

うーん。これはどこまでいっても難しい問題ですね…。

私は障害者がなんでも無罪ってのはビミョウだと感じてます。責任能力が無い…ってのはわかるけれど、じゃやられた側は泣き寝入りなの?!って思うんで。

難しい問題だとは思いますが…

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です