【障害者】熱海・伊豆山の障がい者就労支援施設がクラウドファンディング

どうも、就労移行支援を受けているMです。

障害者関連の記事を調べていたら、クラウドファンディング関係のニュースが多いなぁと感じます。

コロナ禍だからですかねぇ(´・ω・`)

 

熱海・伊豆山の障がい者就労支援施設がクラウドファンディング 「声が届いてほしい」

熱海・伊豆山の障がい者就労支援施設「心象めぐみ会共同作業所」(熱海市伊豆山)を運営する特定非営利活動法人「めぐみ会」が8月30日、施設の運営存続のためのプロジェクトを立ち上げた。クラウドファンディング(CF)で支援を募集する。(熱海経済新聞)

7月3日に発生した伊豆山の土石流災害により、同作業所の建物自体の被害は免れたものの、土石流は目の前の市道まで及んだ。

市道は現在も復旧作業で通行止めが続いており、規制エリアにある作業所も利用することができない。

災害直後から、同作業所の駐車場は復旧活動をする消防の待機所として使われた。

(中略)

CFの目標金額は150万円で、集まった資金はリターンや手数料を除いた全額を同施設の運営費に充てる。

支援のコースは500円から用意。

お礼のメッセージのほか、作業所で作られた「あずま袋」や廃棄される傘の傘布で作った「エコバック付き福袋」などをそろえる。  

同作業所は1994(平成6)年に開所し、2009(平成21)年に就労継続支援B型事業に移行。

障がいのある人たちが地域で安心して働いて作業できるように、日常生活訓練や作業指導を行っている。

古畑さんは「これまで利用者や職員で作業所周辺の清掃活動もしてきた。伊豆山の人たちからは『早く戻ってきて』と言ってもらえている。本当は早く戻りたいが、まだ安全が保証されていないので、戻りたくても戻ることができない状況」と思いを口にする。  

古畑さんは「全国各地で災害が発生していて、同じような境遇にあっても届いていない声があるはず。まずはこのように困っている施設があるということを知ってもらえたら。利用者もCFのポスターを作って一緒に前を向いて頑張ろうとしている。一人でも多くの人に声が届いてほしい」と期待を込める。

【引用元】https://news.yahoo.co.jp/articles/b52a71e433d1a106c3eda5edc6f4aedf5cb12bc9

 

 

そういや熱海は土砂災害で大変なことになってましたね(T_T)

運良く被害は最小限に留めたけど、市道が塞がれて作業所が使えないとなるとなかなか不便ですよね。

復旧が進んで早く日常が戻ることを願います。

是非皆さん、熱海の就労支援施設のクラファン支援をよろしくお願いします!(‘◇’)ゞ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です