【障害者】感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を ALS患者に感染させた例も

自宅で暮らすALSなどの重度障害者やヘルパーが新型コロナウイルスに感染したら、これまでの生活が破綻してしまうーー。

それを防ぐために、重度障害者の自立生活を支援する5団体が5月18日、自民党幹事長代行の野田聖子氏に、「在宅の重度障害者・児、在宅介護職員(ヘルパー)に対する新型コロナウィルス感染症ワクチンの優先接種及びPCR検査の定期検査化を求める要望書」を提出した。

長時間の見守り介助や医療的ケアが必要な重度障害者やその介護を担うヘルパーに優先的にワクチンを接種させ、高齢者施設と同様、介護事業所の職員にも定期的な検査を求める内容だ。

要望書を提出したNPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会代表の川口有美子さんと、一般社団法人日本在宅医療連合学会の新型コロナ対応ワーキンググループ委員で在宅医の佐々木淳さんにお話を聞いた。

 

交代できるヘルパーがいない
きっかけは東京都内の自宅で暮らす高齢のALS患者の男性とその妻が、ヘルパーから新型コロナウイルスをうつされたことだった。

ヘルパーは陽性であることを知っていたが、「マスクをしていればうつらないだろう」と介護に通い、利用者と配偶者に感染させた。
男性と妻は入院し、男性は回復に向かっているが、妻は悪化し元の生活に戻れるかわからない状態にあるという。

このことを知り合いから聞いた川口有美子さんは、「本来、感染したら必ず休まなければいけませんが、きっと交代してくれる人がいなかったから無理を押して行ったのだろう」と考えた。

たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアは、ヘルパーは研修(第三号研修)を受けなければできない。その研修を受けた人は常に不足している。

「一人暮らしの利用者は特に、直前のドタキャンはできません。1人では生活できませんから。
感染しても『自分が行かざるを得ない』と考えるヘルパーもいるかもしれず、重度障害者の介助を行う事業所は他人事ではありません。絶対、感染できないのです」

家族が濃厚接触者になった場合でも、ヘルパーはマスクをして距離を取りながら介護するしかない。

「他社から入っているヘルパーが陽性になったと聞くと戦慄します。利用者にうつっているかもしれないし、利用者からうつされるかもしれない。
家族がいる人の場合はしばらく家族で頑張ってもらってヘルパー派遣を控えるのですが、単身者ではそうもいきません」

 

代わりがいない、個別性が高い介護 
また、ALSなど生活の全てに介護が必要で文字盤などでのコミュニケーションもよほど慣れた人でないと務まらない介護は、利用者ごとの個別性が非常に高い。

「20年来の友人のALS患者がいますが、私はその口元を読めません。
体の介護の手順も個々の患者で全て決まっていて、手を置く位置から力の入れ方まで、その人ごとに細かく違います。
患者からOKが出るまで研修には半年ぐらいかかります」

2018年からALSや筋ジストロフィーなど、長時間の見守りをする重度訪問介護サービスを受けている重度障害者は、入院の際にヘルパーの付き添いができるようになった。
しかし、今はコロナの影響で付き添いも難しい可能性がある。

(中略)

重度障害者の介護は、感染リスクが高い
重度障害者も含めた訪問医療を行なっている医療法人社団悠翔会理事長・診療部長の医師、佐々木淳さんは、優先接種を受けている医師や看護師よりもむしろ重度訪問介護を担うヘルパーは感染リスクが高いかもしれないと指摘する。

「医療的ケアをやっている障害者のヘルパーは、たん吸引や経管栄養のケアが必要です。
ケアの都度、細かいエアロゾルが発生しますし、長時間のケアで自立度も低いのでどうしても濃厚接触にならざるを得ません」

しかも多くの事業所には、医療的ケアの度に飛沫感染予防のための特殊なマスク「N95」などを用意する経済的な余裕もない。

「それほど感染リスクが重なる職種なのですから、ワクチン接種は最優先であるべきだと思います」

(中略)

現在、高齢者に接種券が配られ始め、ワクチン接種をする医師たちはその対応でてんてこまい。接種券が配られていない介護職に意識が回らない状況だ。

「厚労省は介護職もふんわりと優先接種の枠に入れていますが、実際には医療職の接種も終わらず、訪問看護ステーションも終わっていないので介護職は後回しです」

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-helper BuzzFeedより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

日本では医療従事者→高齢者・障害者…とワクチン接種の優先順位が決まっていますが、

障害者の側で介護をしてくれているヘルパーさんも医療従事者に含めてもいいのでは?…と思います。

引用元の一行目が強烈です。自宅で暮らすALSなどの重度障害者やヘルパーが新型コロナウイルスに感染したら、これまでの生活が破綻してしまうーー。

そうなんです。ヘルパーさんが新型コロナに感染してしまったら、ALSなどの難病の方や重度の障害者は生活できないです。

ヘルパーさんあっての、生活ですから。

これは筋ジストロフィー患者役の生活を描いた映画ですが、本当に生活するのにはヘルパーさん無しでは死にさえ繋がってしまうのです。

代わりが居ないほどの高度な介護はその人でなければダメなんです。しかも、長時間介護ですから、感染リスクも当然高くなります。

付きっきりですからね。

医療従事者もまだ完全に摂取しきれてない中、新型コロナの変異種もかなり感染しだして、医療現場は大変かと思います。

けれど、どうか命を救うためにも、介護ヘルパーさんの優先接種をお願いしたいです。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です