【茨城水戸情報】水戸の梅まつり、有料化初 混乱なく「万全対応」で誘客へ

偕楽園が有料化となり初めての「水戸の梅まつり」が15日に開幕し、手厚い誘導員配置や臨時券売所設置などにより、大きな混乱なく初日を終えた。

ただ、梅の花は今月下旬から見頃を迎え、増加が見込まれる観梅客の混雑緩和対策はこれからが“本番”だ。

新型コロナウイルスの影響も懸念材料の一つで、まつり実行委は「万全の対応と戦略的なPR」で誘客を促していく考えだ。

偕楽園は昨年11月から県外客を対象に有料となり、大人300円、小中学生と70歳以上が150円の入園料徴収が始まった。

普段は無料の県民もまつり中は有料となるため、例年多くの観梅客でにぎわう東門周辺を中心とする滞留対策を課題として位置付けていた。

このため、東門では県職員やボランティアらによる誘導員を手厚く配置。

入園券の提示や、券購入前の観梅客には料金所を案内するなどの対応で円滑な入園を促した。発券所は常設4カ所に加え、臨時の3カ所を開設することで事前発券を促進した。

(中略)

偕楽園公園センターによると、初日の入園券購入者数は午後4時現在で5237人。

まつり実行委の加藤高蔵会長は「観梅客の来場は3月上旬ごろのピークに向け、これから本格化する。盛りだくさんの催しと万全の準備でお迎えしたい」と、意気込みを見せた。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15817620037061 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

今までは県民は無料でしたが、梅祭り期間中は300円の入園料徴収が始まりました。

梅祭り割と地元民は行かないパターンが多いんですが…水戸市も人力車とか自転車タクシーとか色々頑張ってますね。

果たして梅祭り期間中私は行くのかどうかわからないですが、この入園料300円はちょうどいいんじゃないですかね。高いと気になる額ではないですね。

他の三大名園、後楽園、兼六園も同じくらいの値段みたいですし。

300円でもっといい施設になってくれたらその方が嬉しいですから。

水戸の一大観光地ですからね、頑張ってほしいものです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です