【茨城水戸情報】時間貸駐車場で傘シェア スマホ決済、水戸で開始

コインパーキングを手掛けるファースト・トラスト(水戸市千波町、米田英雄社長)は今月から水戸市内で、傘のシェアリングサービスを開始した。

顧客の利便性向上や競合他社との差別化を目的に、「アイカサ」を運営する「ネーチャー イノベーション グループ」(東京)と提携。「アイカサ」の窓口として自社のコインパーキングだけでなく、営業エリア内の商業施設や観光拠点などへの普及拡大を目指す。

8日から水戸駅周辺の自社コインパーキング20カ所に1台最大30本の傘立てを設置した。

無料通信アプリLINE(ライン)で「友だち」に追加し、クレジットカードなどの決済方法を登録すれば利用できる。

(中略)

料金は1日何回借りても70円。月最大420円で借りられる。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15746798611551 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

このサービス、水戸駅近くにあります、エナベルの近くのコインパーキングでも実施されてます。

見た時は驚きましたが、今は何でもシェアする時代であり、決済はスマホ・クレカというのが楽でいいですね。

突然降り出す雨。その時、ついつい透明傘とかを買ってしまいそうですが、傘をシェアすることで無駄な傘を買わずに済むし、

1日70円、月最大420円で、お手軽なお値段設定です。傘を買うより安いです。

こういう便利なサービスは嬉しいですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です