【茨城水戸情報】新型コロナ 土浦市職員感染で庁舎4階閉鎖 「夜の街」240店に注意喚起冊子

土浦市は16日、市職員の男性1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
市は職員が勤務していた4階フロアを17日まで閉鎖し、フロアの職員全員を含む約150人にPCR検査を実施する。
同市桜町1、2丁目の「夜の街」で発生しているクラスター(感染者集団)では、対象地域の240店舗に注意を呼び掛けるガイド冊子を配布した。

市によると、市職員の男性は6日夜、別の課の職員と共に6人で桜町の居酒屋で飲食した。
男性はその後、発熱などの症状が出てPCR検査を受け、16日に陽性が判明した。市は6人の職場がある4階のフロア全てを同日閉鎖して消毒。
同日から関係職員のPCR検査を始めた。

https://this.kiji.is/701180401741071457 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

最近茨城県で土浦が主に「夜の街」を中心にクラスターが発生して、感染者が増え続けていました。

土浦どうなってしまうんだろう?って思ったら、市職員さんも感染していたようですね。

それで市庁舎4階を閉鎖し、フロア職員全員PCR検査に。

「夜の街」には注意喚起冊子が配布されたと。

これで抑え込めればいいんですが。

あっという間に水戸を抜いて、茨城で感染者市町村一位になってしまいました、土浦市。

これからインフルエンザも流行り出すころ。これからの感染予防徹底していきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です