【茨城水戸情報】新型コロナ クラスター大幅減 茨城県内医療機関や福祉施設

茨城県内の医療機関や福祉施設で発生する新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が春以降、大幅に減少していることが19日、県のまとめで分かった。
7月に入ってからの発生はなく、陽性者に占める高齢者の割合も1割を下回る。ワクチン接種が進んだためとみられる。

(中略)

県によると、県内で発生したクラスターのうち医療機関・福祉施設が占める割合(月別)は、2月は52%だった。

その後は減少し、ワクチン接種が本格化した5月は30%、6月は9%だった。

https://nordot.app/789995614751997952 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

茨城県内の医療機関・福祉機関での新型コロナのクラスターの発生が大幅に減少しているとは。

ワクチン接種大事ですね!

私もまだ1回だけですがワクチンを打ちました。当日から2日目までワクチンを打った左腕が痛かったんですが、

それ以上の副作用はなかったです。

2回目の方が酷いと聞くので、発熱しなきゃいいな…と思っています。

 

ワクチンは凄いです。2月の50%から一気に6月では9%ですからね。

ワクチン様様ですね。どんどん接種券が配られて受けて欲しいですね。

ネットの情報や書籍を見るとワクチン反対派の情報がありますが、この結果を見ると新型コロナで重症化したりするのを考えれば、ワクチン打った方がいい気がします。

まぁ個人の自由ではありますが、これだけ数字がでてしまうと、ワクチンの有効性が示された感じですよね。

できれば早く打って欲しいなあ…。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です