【茨城水戸情報】天心や大観、実像迫る 北茨城・水戸、茨城大と「めいこい」キャラ化、パネル展示

明治時代の文化人をモチーフとしたキャラクターが登場し、ゲーム・アニメなどで展開する「明治東京恋伽(れんか)(通称めいこい)」と茨城大が連携した展示企画が、北茨城市大津町五浦の六角堂周辺、水戸市文京2丁目の同大図書館などで行われている。

キャラクター化された五浦ゆかりの人物の実像に迫る展示をファンに見てもらうことで、五浦の歴史と文化に触れてほしい考えだ。

「めいこい」は、明治時代の東京を舞台に、実在の文化人がデフォルメされた姿で主人公の女性と繰り広げる恋愛作品。

岡倉天心や横山大観、菱田春草など五浦にゆかりのある人物も登場し、2011年に携帯電話のアプリゲームがリリースされて以降、若い女性を中心に人気を博している。

企画は、六角堂や天心邸などがある同大五浦美術文化研究所、県天心記念五浦美術館、同大図書館でそれぞれ展開。

キャラのポスターや垂れ幕、パネルなどを設けた。天心らの業績や作品を紹介する展示も見てもらうことで、キャラと実在の人物とを結び付けながら学べる内容となっている。

同美術館から六角堂に至る徒歩ルートを巡り、その様子を会員制交流サイト(SNS)で発信することでポストカードをもらえる企画も行う。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15796074621533 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

一時乙女ゲームをやりまっくっていました乙女ゲーマーのウサギのTです。

めいこいはテレビアニメでもやっていますね。(公式サイト

私はこれはプレイしたことがないゲームですが、グラフィックも良くて有名声優さんも使っていて、明治時代の文化人が出てくる…というのは面白いですね。

こういうことで、某刀〇乱〇のように有名になったらなあと思います。某刀〇乱〇の中のキャラ押しカフェも存在しますが水戸に(;^ω^)

六角堂、私まだ観に行ったことないですが有名な観光地ですよね。五浦美術館には行ったんですけどね。

また聖地巡礼みたいなことでプレイヤーさんが遊びに来てくれないかなと期待します。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です