【科学】イーロン・マスク、お手伝いロボット「テスラ・ボット」を開発することを発表

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さんロボットはお好きですか?

 

 

うちもヒューマノイドロボット作るわ。イーロン・マスク、お手伝いロボット「テスラ・ボット」を開発することを発表

イーロン・マスクは、次々とSFの世界を現実のものにしようとしている。

そしてついに、彼がCEOを務めるテスラ社で、ヒューマノイドAIロボット「テスラ・ボット」の開発を進めていることを発表した。
これは、8月19日に開催されたイベント『AI Day(人工知能デー)』発表されたもので、来年にはそのプロトタイプがお披露目できる予定だという。
テスラ・ボットは人間の代わって肉体労働や雑用をこなしてくれるという。
イーロンは、サルの脳にチップを埋め込みサイボーグ・モンキーを生み出す電脳化計画も進めており、常に最先端を行くAI技術に注目が集まっている。

テスラ社が開発中の人にやさしいヒューマノイドロボット

テスラ社のCEOイーロン・マスクは、ヒューマノイドロボット「テスラ・ボット」(社内ではOptimus オプティマスというコードネームで呼ばれている)のプロトタイプを来年には発表できる予定であることを明かした。

現段階では顔に黒いスクリーンが取り付けられているこのテスラ・ボットは、身長約173cm、体重約57kgで、胴体部分にコンピュータが搭載されている。
人間にとって脅威にならないよう、移動速度は時速8kmに設定され、重さ20kgまでの物を運搬することが可能になるという。

このテスラ・ボットはAI(人工知能)やセンサー、バッテリーなど車の自動運転技術を活用したプロタイプとなる。
人間にとって危険かつ反復的で退屈な単純作業および肉体労働を担う役割を果たしてくれるようになるということだ。

人間に代わって雑用をこなしてくれる肉体労働メインのロボット

マスク氏は、イベントのステージでこのように見解を述べ、AIロボットのいる未来を予想した。

EV(電気自動車)は、車輪のついたロボットのようなものです。当社はおそらく今後、世界最大のロボット会社となっていくことでしょう。
このテスラ・ボットは、車にボルトを設置してと頼めばその通りに動き、店に行って野菜を買ってきてと頼めばそのように動いてくれます。
将来テスラ・ボットの普及により、人はやりたくない肉体労働や危険な仕事をしなくてもよくなる日が来ます。

社会の労働不足解消や経済的に大きな影響を与えることになるでしょう。
より長期的なビジョンを持つことが大切なので、高額にならないよう試行錯誤しています。

テスラ社は、これまでにもマスク氏のSF的アイデアで様々な開発への取り組みを発表。

このテスラ・ボットも、新たな同社の歴史を刻むアイデアの1つとして加わったようだ。
なお、ロボット産業への新たな参入については、マスク氏は多くを語ることはなく、「どうなるかはこれからのお楽しみ」と来年の発表に希望を託した。

【引用元】https://karapaia.com/archives/52305165.html【カラパイア速報】

 

 

SFの世界がだんだんと現実味を帯びてきているのロマンがありますね!

ロボットが人間に取って代わる時代が来るのでしょうか?

一見ありがたいように思いますが、私たち人間の末路はどうなっていくのだろうか( ゚Д゚)

それにしても見出しタイトルがコンビニに行くノリで笑いますね。

スタッフMさんみたいな、のほほんとしたロボットだと良いですね(?)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です