【引きこもり】一橋大出身ひきこもり50代男性が告白 勉強嫌がると「お母さん、死んでやるからね」と脅され…「毒母」に食い潰された人生

子どもを支配したり傷つけたりして害になる「毒親」。なかでも「毒母問題」はこれまで、母娘間のものとして語られることが多かった。

だが、母と息子間にも毒母問題は確かに存在する。

そう、気づいたのは、中高年ひきこもりの当事者会「ひ老会」で語られた、男性たちの痛切な言葉からだった。

「ひ老会」を主宰する、ぼそっと池井多さん(58)自身、母親に人生を食い潰された、「毒母」の被害者でもあった。

現在、うつ病で生活保護を受け、一人で暮らしながら、ひきこもり当事者としての発信を続けている。

池井多さんは昭和8年生まれの父、昭和11年生まれの母の第1子として生まれた。

世は高度経済成長期、ただし当時の一般家庭と異なり、一家の権力を握っていたのは母親だった。

「父は工業高校卒で、中小企業の平社員。母は女子大卒の塾経営者、父の3倍は稼いでいた」

 

■常に緊張を強いられた

幼い頃より、母親から呪いのような言葉をかけられて育った。

「あなたね、お父さんみたいになったらおしまいよ。学歴もない、収入もない、才能もない」

父の背中に向けて放たれる侮蔑が、子どもにとってどれほど耐え難いか。

加えて「一橋大学に入らなければならない」という母親の厳命を背負わされた。

家庭はあたたかな場所であったためしはなく、常に緊張を強いられた。母親の夕食準備は、いつもこの言葉から始まった。

「おまえ、夕ごはん、何が食べたいの?」

 希望が言える関係ではないゆえ、答えは決まっていた。

「なんでも、いい」
「なんでもいいじゃ、わからないわ。何か、言いなさい!」

 母親は、意図通りに誘導する。

「スパゲティ食べたくない?」
「え? スパゲティ食べたいの? そう、食べたいのね!」

こうして目の前にスパゲティが置かれても、食は進まない。その様子に母親は激昂する。

食べたくないなら、食べなくていい!」

皿を取り上げ、スパゲティを流しにぶちまける。この頃になると、父親が帰宅する。

「お父さん、この子、スパゲティが食べたいというから作ったのに、『こんなもの食えるか!』って捨てちゃったのよ。

ねえ、お父さん、この子、殴って」

父はズボンからベルトを取り出し、息子を打つ。

食事ばかりか家族旅行でも、母親による「冤罪」が作られ、父親が“刑”を執行するのが日常だった。

一橋大入学のため小学生でも、夜中2時までの勉強が強いられた。嫌がると、「お母さん、死んでやるからね」と脅された。

「幼い子にとって親の死は、自分の死より恐ろしい。抵抗する術はなく、どんな理不尽でも受け入れていました」

無事に一橋大に合格したが、母親からは「おめでとう」すらなく、返ってきたのはこの言葉。

「おまえは明日から、英語を勉強しなさい。私は一橋の英語のレベルをよく知っているから」

報酬なき人生だったと、池井多さんは振り返る。

大学4年次、大手企業の内定を手にしたが、身体が固まりアパートから出られなくなった。

「ここまでだと思いました、母の言うことを聞くのは。就職したら母の虐待を肯定してしまう」

世は1980年代半ば、ひきこもりという概念がなく格好がつかないと海外へ出た。

バックパッカーをしながら安宿にひきこもる「そとこもり」を経て、50代後半まで紆余曲折はあったものの、うつで働けない状態だ。

今でも毎朝、母親への怒りで目が覚めます。うつの原因は、母親への怒りです」

20年ほど前、家族療法を提案したが、母親は自身の虐待行為を全面否認。以来、実家とは音信不通のままだ。

https://dot.asahi.com/aera/2020101500052.html? AERA dot.から引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

「毒親」。今はモンスターペアレンツと呼ばれる人たちでしょうか?

この「毒親」のために人生がボロボロになってしまい、

うつを発症して引きこもり…というかバックパッカーをしながら安宿にひきこもる「そとこもり」を経験した人のお話です。

全文を読んで、テレビに出てきそうな話だな…とは思いました。

昔からこんなお母さんみたいな人居たなあ…と。「お父さんみたいになっちゃダメ」という言葉も聞き覚えあるような。

これも立派な虐待ですよね。甘えたい時に甘えさせてくれないで、自分を支配だけする母親。

そんな母親に何も言えず従うだけの父親。うーん家族間に愛情があったのかどうか疑ってしまいますね…。

愛情は支配とは違うような…でもそれも愛情表現の一つなのかな?難しい話です。

私にはとても愛情がそこにあるとは思えないんですけど、あったのかなあ…歪みきった愛情ですね…

子供にだって子供の感情も意志もあるというのに。それを体罰で殺してた。

こんな家庭環境ではまともに育つほうがハードル高いですね…

「毒親」は昔から存在し、人1人の人生を壊してきたんだと思いました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です