【スピリチュアル】宇宙の図書館?アカシックレコード

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さん、アカシックレコードというものはご存知でしょうか?

今回はアカシックレコードから読み解く運命の改善について語っていきたいと思います。

 

アカシックレコードとは

アカシックレコードとは、

  • 宇宙が誕生して以来過去に起きた全ての出来事
  • 現在起きている全ての出来事
  • 未来に起きる全ての出来事
  • 人類の感情や想念
  • 全ての生命体の過去現在未来
  • 悩みなどの問題解決法
  • 何かを創り出すための知恵や知識

など、人間や地球だけでなく、他の惑星も含む全宇宙の歴史が記されている記録層のことで、宇宙の図書館と呼ばれています。

アカシックレコードのアカシックはサンスクリット語のアーカーシャ(Ākāśa)に由来する。

アーカーシャは「何も妨げるものがなく全てのものの存在する場所」である虚空を意味し、インド哲学の思想では宇宙を構成する五大(地水火風空)のひとつに数えられる。五大は万物の構成要素(物質の根源)である四大(地水火風)に虚空(アーカーシャ)を加えた古代インド思想。

このアーカーシャに全宇宙の情報が記されており、その情報のことをアカシックレコードという。アーカーシャ=虚空、レコード=記録、直訳すると虚空の記録。

全宇宙の歴史だけでなく、私たち人間を含めた全ての存在のありとあらゆる情報がアカシックレコードに記録されていることから、現在では宇宙のインターネットとも呼ばれます。

宇宙上にYahooやGoogleのような検索エンジンがあり、私たちはその検索エンジンを使って様々なデータを調べることができるイメージです。

もちろん、データを調べるためにはアカシックレコードに繋がる能力、そしてアカシックレコードに記録されている内容を読み取る能力が必要にはなりますが、全ての存在はアカシックレコードという宇宙版インターネットを通して繋がっています。

言い方を変えれば、私たちはアカシックレコードの一部であるとも言えます。

アカシックレコードと潜在意識

アカシックレコードは潜在意識につながっていて、常に情報を送受信していると言われています。

意識には顕在意識と潜在意識があり、「自ら考えて行動する」「物事を判断する」など自分で自覚できる意識が顕在意識で、自分で自覚できていない「心の奥に潜んでいる意識」が潜在意識です。

簡単に言えば潜在意識は人間の本能的な部分で、人間の意識の90〜97%が潜在意識となっています。

有名な発明家や画家、音楽家、アーティストは、無意識に潜在意識からアカシックレコードにアクセスし、情報を読み解き、そして形にしていたのではないかと言われています。

例えば天才発明家のニコラ・テスラは「宇宙のどこかに知識の源があり、突然頭の中でホログラフィックのように3Dとしてアイデアが浮かんできた」と言い、理論物理学者アルベルト・アインシュタインは「相対性理論は急に頭に浮かんできた」と言っています。

アカシックレコードに関する本ではありませんが、願望実現のバイブルといわれる「成功+幸せを手に入れる21の原則 」には、宇宙の英知と繋がることで問題をスムーズに解決できる」と、アカシックレコードにアクセスするかのようなニュアンスで書かれている部分があります。

アカシックレコードと集合的無意識

全ての人間は無意識の中でアカシックレコードとつながっていることから、アカシックレコードは心理学者ユングが提唱した心理学の概念「集合的無意識」と比較されることがあります。

カール・グスタフ・ユング(1875年7月26日~1961年6月6日)はスイス生まれの精神科医・心理学者。

分析心理学(ユング心理学)はユングが創始した深層心理学理論。

集合的無意識とは、個人を超えた民族や集団、人類などの集合体が持つ無意識のことです。普遍的無意識ともいいます。

無意識には個人的無意識と集合的無意識があり、集合的無意識は人間の無意識のさらに深い領域に存在しています。

この集合的無意識も人間は無意識の中でつながっていることを表しています。

アカシックレコードリーディングよりも重要なこと

(中略)

例えばアカシックレコードを深く読み取れるようになったとして、これから先の自分の人生を調べた時、幸せなことが一切なく、どうあがいても不幸しか訪れてこないことがわかってしまったとします。

運命改善の技を知らない、もしくは運命を変えられること自体を知らない場合、その不幸を受け入れて生きていくしかないので意気消沈するでしょうし、人によっては無気力になって生きること自体が嫌になるかもしれません。

自分のことだけでなく、他の人のことでも同様です。

相談を受けてアカシックレコードを読み取ってみたらその人が明日死ぬ運命だった場合、運命を変える技を知らないと助けることができません

明日亡くなる運命にありますと告げることしかできないのです。

アカシックレコードを読み取れるようになりたいのであれば、幸せや楽しみなどポジティブな面でだけでなく、不幸や悲しみなどネガティブな面も受け入れる覚悟が必要です。

私はアカシックレコードを深く読み取ることはできませんが、運命改善の技は磨きました。運命を好転させることができれば、アカシックレコードを深く読み取ることができなくても結果的にうまくいくからです。

アカシックレコードを読み取れるようになりたいのであれば運命を変える技も学ぶことをおすすめします。

【引用元】https://pentacles1.com/akashic-records/

 

参考動画

 

二コラ・テスラについては私が前に投稿した記事に紹介しているので、そちらを参考にしてください。

ユングについては気が向いた時にでもまた詳しく紹介したいと思います。

ユングはたまにグループワークでも出ることがありますね(笑)先生も知ってました。

アカシックレコードはユングが提唱した「集合的無意識」とよく比較または同一視されることが多いです。

個人個人それぞれ違うけど、無意識下ではどこかで繋がっている、ということです。

偶然友人が近くにいた、同じことを考えていた(シンクロ)、デジャヴ(既視感)

皆さんはそんなことどこかであったりしませんか?

実はこれが無意識に他人と繋がっているという証明です。

引き寄せの時にも書いたように、ネガティブなことを無意識に埋め込めばネガティブな人や環境が自分に引き寄せられます。

潜在意識は意外とアホなので過去・未来・現在・主観とか関係なしに思ったことをそのまんま現実に投影してしまいます(笑)

願い事が叶わない!と思えば、その現実を引き寄せてしまうので気をつけたいところですね。常に信じることが大事です。

一見オカルト的に感じてしまいますが、潜在意識や集合的無意識は科学的に立証されていることなのでオカルトではございません(笑)

アカシックレコードも無意識も目には見えないけど、知識として知ることで自分の環境を変えるきっかけに繋がると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です