【スピリチュアル】バタフライ効果【引き寄せの法則】

どうも、就労移行支援を受けているMです。

僅かな小さな行動が未来に大きな影響をもたらす、バタフライ効果をご存知でしょうか?

 

バタフライ効果

バラフライ・エフェクト(butterfly effect, バタフライ効果)とは、ほんの些細な事がさまざまな要因を引き起こした後、非常に大きな事象の引き金に繋がることがあるという考え方のこと。

初期のわずかな差が将来に大きな差を生むというもので、どんなに初期の差が小さくてもさまざまな要因によって変化は進み、どのような結果や未来が訪れるかは誰にも判らないことを意味する。そこから、ほんの些細なことも、ときに歴史を動かすことがあるかも知れない、という意味につながる。カオス理論における予測困難性を表す表現の一つである。

気象学者エドワード・ローレンツ氏(Edward Norton Lorenz)が1972年にアメリカ科学振興協会で行った講演で、この概念を発表した。バラフライ・エフェクトの名称の由来は、このときの講演の題名『ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか』から来ている。

(中略)

類似する表現として、日本のことわざ「風が吹けば桶屋が儲かる」がある。

【引用元】https://makitani.net/shimauma/butterfly-effect

 

バタフライ効果は、ここで何度も出ている引き寄せの法則とも関連性があります。

引き寄せは宇宙に願いをオーダーしたあと、自分自身でなんらかの行動を起こすと思います。

※私個人の主観ですが、引き寄せ関連のネット記事や体験談で「宇宙に願いを届けたあと何も行動しなくて良い!」という記載を何度も目にしていますがアレは嘘だと思います(汗)

では、バタフライ効果と引き寄せの関連性について見ていきましょう。

 

バタフライ効果と引き寄せの法則

「すぐに行動できない」
「その行動が無駄に思える」

あなたにもこんな経験があるはずです。

「分かっているけど、行動できない」
「やる気が続かない」

これ、なぜでしょうか?
その原因の1つに・・・

「大きなスゴいことをやらなければいけない」

あなたはそう思っていませんか?
そんな時は、『バタフライ効果』を意識してみるといいですよ。

「この行動がこうなって、ああなって・・・」
そこは完璧に分かる必要はないと思うのです。

最も大切なことは・・・

『まずやってみること』

その繰り返しが、あなたの人生を無限大にしてくれます。

引き寄せの法則のありがちな誤解

「引き寄せの法則がうまくいかない」

これ、多くの人の正直な感想ではないでしょうか?

「思考は現実化する」
「想えば願いは叶う」

それなのに、なかなか思い通りの現実を引き寄せられない。

なぜでしょうか?
そのシンプルな原因はこれです。

「頭の中で願っているだけだから」

そもそも・・・

引き寄せの法則や潜在意識の情報には、「願えば(それだけで)叶う」といったニュアンスがありますよね。

「眠りながら」とか、「強く念じていれば」とか・・・
あなたも、本やネットで見聞きしたことがあると思います。

それが多くの誤解を生んだと思うのですね。
ほとんどの人がこんなふうに受け取ってしまった。

「ただ、アファメーションをしていれば、恋人ができる」
「ただ、イメージングしていれば、お金持ちになれる」

これね、よく考えてみれば分かることですが・・・

例えば、ソファの上でアファメーションをしている。
すると、自宅のチャイムが鳴って、「会いたかったよ!」理想の恋人がやってくる。

職場で一生懸命イメージングをした。
すると、帰り道で空から大量のお金が降ってくる。

どうでしょうか?

それは限りなく現実的では、ない。

「これがほしい、あれがほしい・・・」

頭の中で想っているだけで、パッとほしいものが出てくるわけじゃありません。
どうやらこの3次元世界では、それは通用しないようです。

このように、多くの人が「引き寄せ難民」となってしまうのは、「頭の中で願っているだけだから」なのですね。

想いのタイムラグを縮めるには行動が必要

「じゃあ、想うことって無駄なの?」

あなたは疑問に思いますよね。

いえいえ、そんなことありません。
確かに、想った瞬間に願いは叶っています。

『願いはすでに叶っている』

それはそうなのですよ!
だけど、それが現実という結果になるまでには時間差があるということです。

いわゆる「タイムラグ」ですね。

なぜなら、3次元世界では時間の概念があるからです。
だから、「頭の中で願っているだけ」では、現実化までに果てしなく時間がかかるということです。

では、タイムラグを短縮させ、願いを具体化させるにはどうすればいいか?
つまり、「願えば(それだけで)叶う」に抜け落ちているもの・・・

それが『行動』です。

この行動エネルギーが足りないと、どうやら現実化までに莫大な時間がかかる。

でも、元々、多くの人が行動することが苦手だったり、面倒くさかったりしますよね。

だから、「願えば(それだけで)叶う」という情報はとても都合が良かったのだと思います。
「甘美な言葉」のような、「魔法の杖」のような・・・

「行動しなくていいんだ。ラッキー」

そう思えてしまう。

魔法の杖を一振りすれば、「キラキラキラ~」どんな願いもすぐに叶う・・・

でも、そうはいかなかった・・・ですよね。
僕もそうです。

つまり、僕たちの願いや想いが現実化するまでには一連の流れがあったのですね。

  • 願うことや想うことで、その人の脳内や潜在意識が変わる
  • そして、それを物理現象界に表すために取り込む情報が変わる
  • そうすると、無意識レベルで選択と行動が変わる
  • その結果、それに見合った現実が創造される

さっくり言うとこんな感じ。
これが、3次元世界での想念の物質化の流れだと思うのです。

なぜ行動が必要なのか?

では、なぜ、この世界では行動が必要なのでしょうか?

想った瞬間に願いが叶ったらいいですよね。

恋人がほしいと思えば、恋人が現れる。
お金がほしいと思えば、お金が出てくる。
旅先を思えば、そこに到着している。

これは時間の概念がない5次元以上の話ですよね。

過去、現在、未来がないので、すべて同時に起こる。
だから、想った瞬間にパッと現実化する。

でも、僕たちが生きている3次元世界ではそうならない。
この地球という星は『行動』を重視している。

あなたは、なぜだと思いますか?

それは、『(否が応でも)体験できるようになっているから』です。

どんなことでも行動することで、そこには五感を通した体験が生まれますよね。
酸いも甘いもたくさんの体験がそこにはある。

どうやら、それがこの星での「狙い」のようです。
だから、僕たちは「行動」を通して『体験させられる』わけですね。

(中略)

例えばゲームだって、最初から主人公が最強レベルだったらどうですか?
ただ、ボタンを押しているだけでクリアしてしまう。
まあ、1回目はそれでも楽しいかもしれない。
でも、2回目以降はどうでしょうか?
確実につまらないですよね。

他にも、もし、あなたが何らか試験を受けたとしましょう。
その試験が、何を書いても合格するシステムだったらどうですか?
たとえ自分の名前じゃなくても合格になる。
それってやっぱり面白くないと思うのです。

そういった意味でも、僕たちは無意識で行動することを求めている。
そして、そこで体験することに喜びを感じているのではないでしょうか。

あなたはどう思いますか?

いずれにしても、この3次元世界では『行動=体験』がメインのようです。

だから、望むものを引き寄せる時にはタイムラグが発生し、その時間を埋めるためには行動する必要があるというわけです。
引き寄せの法則も潜在意識の活用も、やはり『行動ありき』なのですね。

小さな行動でもまずやってみる

『たとえ小さなことでも、めぐりめぐって大きな結果をもたらす』

『どんな結果をもたらすのかは、完璧に予測することはできない』

で、あるならば・・・
引き寄せの法則をはじめ、あらゆる願望実現において一つの答えが出ると思うのです。

それはたった一言に集約されます。

『まず、やってみればいい』

その行動がたとえどんなに小さいことだとしても、やってみることです。
なぜなら、めぐりめぐって、とんでもない大きな結果をもたらすからです。

それが取るに足りない意味のない無駄に思えることだとしても、やってみればいいのです。
なぜなら、今の時点でどうなるかなんて、そもそも完璧に予測できないからです。

もちろん、望む結果になるとは限らない。
でも、とりあえずやってみないことには何も分からない。

そう、どんな結果になるのかは誰にも分からないことです。

だったら・・・

あなたは人の顔色を見ている場合じゃない。
誰かが決めた常識や判断に従っている場合じゃない。

「そんなことして何になるの?」
「どうせ無駄だからやめておきなさい」

親、先生、友だち、上司の声に忠実になる必要などありません。

誰かの成功法則だけを鵜呑みにしなくていい。
どこかの専門家の意見をそのまま聞き入れなくていい。

笑われても、相手にされなくても、あなたが「これだ!」と感じたことをやってみることです。

『まず、やってみる』

あなたのそのほんの小さな行動が、あなたをとんでもない世界へ連れて行ってくれるのです。

人生はいくつもの「点」が、やがて1本の「線」になる時が必ず来ます。
そのためにも、できるだけ多くの「点」をつくっておけばいい。

このように、『まず、やってみる』には、スゴい価値があるってこと。

今、あなたが起こしたわずかな「風」が、やがては想像以上の現実を創り出すこともあるのです。

【引用元】http://yutaka-bito.com/butterfly-effect/

 

長ぇ。

ざっくり言うと、願いが叶うには多少のタイムラグがありますよ、ということです。

私も引き寄せについてはだいぶ誤解している部分がありました(汗)何で叶わないんだろうと。

思ってるだけでは変わるはずが無いんですよね。

「これがやりたい!」と無意識に思ったらどんどん行動すると引き寄せが加速する、というわけです。

チャンスはどこに転がっているか分かりません。

動いていくと意外と近くに願いのヒントが隠されているかもしれません。

以前に投稿した願い事メモをもとに自分の心の声を聞き、時に周りに手を貸してもらいながら、自分の叶えたい夢を叶えていってくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です