【エナベルの音楽室】「どんなときも。」槇原敬之

こんにちは、エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。

今回のエナベルの音楽室は、「どんなときも。」です。

先日、覚せい剤で槇原敬之さんが逮捕されてしまいましたね…

スペシャルの歌番組で曲を聞いたばかりだったのでかなり驚きました。

言わずと知れた名曲なのですが、サビの「どんなときも どんなときも 僕が僕らしくあるために 「好きなものは好き!」と言える気持ち抱きしめてたい」という歌詞の部分が共感でき、気に入っていました。

ですが、覚せい剤を使っていたとなると意味深にも聞こえなくもない…そんな発想に陥ってしまうようになってしまったのも残念です。音楽には罪はないのですが…

逮捕されても、槇原さんの曲がYoutube公式に残ってたのは幸いでした。TV番組などでは差し替えなど厳しい対応が取られているみたいなので…

覚せい剤は依存性があり抜け出すのは難しい事なのかもしれませんが、依存から立ち直り復帰していってほしいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です