【アルコール依存】酢を飲むようになったら最後

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

今回は私が本格的にアルコール依存を治そうと決心したブログをご紹介いたします。

恐怖のアルコール その1 (酢を昼間から飲んでいた酒豪のクラスメートの謎がようやく解けた) – 場末P科病院の精神科医のblog

 大学時代に酒豪のクラスメートがいたが、彼はよく酢を飲んでいた。彼の机には酢の瓶がいつも置いてあり、コップについではガブガブと飲んでいた。彼が言うには、酢がすごくうまいのだという。しかも酢を飲むと集中力が高まり勉強がはかどるのだという(そんなことあるかいな)。
 しかし、この謎が30年以上も経ってようやく解けたのであった。アルコールを飲み続けると、脳の神経細胞はアルコールの代謝産物である酢酸ばかりをエネルギー源として利用するように変化してしまうという論文が出たのである。彼は、ブトウ糖よりも酢酸を好んで消費するようになった脳の命令に従って、昼間から脳のエネルギー源として酢を好んで飲んでいたのだ。今、ようやくクラスメートの謎が解けたのであった。

http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/28140763.html

長い上に化学式が頻出しますので、説明いたしますと、酒を飲みすぎると脳がブドウ糖ではなく、酒の分解によって生じた酢酸をエネルギー源として消費するように適応してしまうという恐ろしい事実です。

そのため酒をやめても、脳のエネルギー源が酢酸になってしまっているので、酢を飲まないと脳が働かなくなりアルツハイマーに似た症状になっていくというのです。

脳がブドウ糖ではなく酢酸をエネルギー源とするように変質してしまうというのは、科学的には私はよく理解できていませんが、大変不気味な現象のように思われます。

そして脳まで変質してしまったら、もうおしまいだなとも思うようになり、あまりにも恐ろしいので、かなり酒をやめるきっかけになったブログの記事でした。

深酒をして酢が飲みたくなったら要注意?

いや、まだそこまではいっていませんが、そうなったら本当にやばいので、やはり酒はほどほどにしよう。そして酒を飲むときはちゃんとものを食べようということですね……。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です