【アルコール依存】個人的にアル中になりやすかった酒

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

依然として断酒は続いています。

今回は、個人的にアルコール依存のときによく飲んでいた酒を挙げたいと思います。

あれです、アルコール依存にの時に飲んでいた酒というのは、「酔うために飲む酒」、「安い酒」、「手に入りやすい酒」、「飲みやすくてアルコール度が高い酒」という条件が揃っていますので、結果的にこういう酒が「アルコール依存になりやすい酒」ということになります。

 

・ワンカップ300ml

これは悪魔の酒でしたねー。日本酒というのは醸造酒の中でもアルコール度が高く、14度ぐらいありますからすぐ酔えます。しかも、最近のワンカップって、けっこう味も改善されていて飲みやすいんですよ! しかも300mlも入っていて200円前後と安い! ですから私はよくコンビニに入って、まっすぐにワンカップ買って一気飲みして、コンビニのゴミ捨て場に捨てて出ていくという事を繰り返していました。

 

・ストロングゼロ

アル中界の新星ですねー。これが一番やばいのは、まずコンビニですぐに手に入るということと、とても飲みやすいということですね、そのくせ500mlでアルコール8度から9度ありますから、かなり酔える。私はコーラ味のストロングゼロを5本ぐらい一日で飲んでいましたね。安いですし、飲みやすいのでホイホイ飲める、これは流行るのもわかりますよ。ほとんどジュース感覚で8-9度の酒が飲めるんですから。

でも飲みやすくて度数が高いということはそれだけアル中になりやすい酒ってことなんです。ストロングゼロを毎日飲むようになったら要注意だと思いますよー。

 

・ブラックニッカ

安いウィスキーですね、ですからそのまま飲むにはちょっと強いので、私はレモンコーラのペットボトルも一緒に買って、コーラを半分らい飲んでブラックニッカをその中に入れて割って飲んでいました。コークハイのようなものですね。これが飲みやすくてアルコール度高いので、重宝しました。ただストロングゼロがでてからあまり飲まなくなったかな?

 

・セブンイレブンの2リットル純米酒

純米酒ですが1000円前後で買えるので、週末とかこれを買って一晩で飲んでいました。これも飲みやすくて酔いやすいのでアル中にはちょうどよかったですね。セブンイレブンでいつでも買えるというのが大きかったですねー。やはり「コンビニですぐに手に入る」というのがアル中のキモだと思います。

 

こうしてみると、共通しているのは「コンビニで簡単に手に入る安い酒」というのが大きかったと思います。案外アル中御用達の甲類焼酎はあまり飲んでいませんでしたね。あまりコンビニではちょうどいいサイズのは売っていないのと、やはり甲類焼酎は安いのですが飲むのに何かで割ったりしないととても飲めたものじゃないので、面倒くさいのであまり飲みませんでした。

味というか「のどを通る」というのが大事になるんですよね、アル中って内臓ぶっ壊れているので、あまり強い酒や味が悪い酒って、吐き気がして飲めないんですよ。

だから、飲みやすい安い日本酒やストロングゼロに走るわけです。

というわけで、「安くて飲みやすい酒」を毎日飲むようになってきたら、アル中予備軍に入りかけているので注意しましょう。飲むときは高い酒を味わって飲むのがいいと思います。ちゃんとおつまみも食べてね。

アル中はだいたいツマミとか食べません、胃には酒だけが入っていた方が酔いやすいので……。



 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です