7月は「3連休のはずが平日」に要注意! あなたのカレンダー、間違ってるかも…

7月23日に開会式を迎える予定の東京オリンピックにともなって、2021年の祝日はイレギュラーな状況になっている。

2021年の7月・8月のカレンダーを見ていく。

まず7月、19日の「海の日」は、祝日のため、赤く表記されている。
そして、オリンピック開会式当日の23日は、黒(平日)の表記になっているが、この週がガラッと変わる。

まず、開会式前日の22日に関しては、ここに「海の日」が移動してくるため、祝日になる。

それにともなって、「海の日」(19日)は、平日扱いになる。

さらに開会式当日の23日の金曜日には、なんと、2020年に体育の日から名称が変わった、10月の「スポーツの日」を引っ張ってきて、ここが祝日になる。

こうなると、開会式の前後は、土日を含めて、4連休になる。

同様に、閉会式のある8月8日。
もともと日曜日で休日だが、ここには本来11日だった「山の日」が来て、祝日の扱いになる。

そうすると、「山の日」は、7月の「海の日」と同様に平日扱いになり、祝日と休日が重なるため、8日の次の日、9日が振り替え休日で休みになる。

これによって、今度は、閉会式の前後も休みになり、7~9日が3連休となる。

このように祝日を変更する目的は、混雑の緩和などということで、2021年限定で実施されるもの。

ただ、今出回っているカレンダーには、その祝日が反映されていない。

そもそも祝日を変更する場合には、法改正が必要となるが、東京オリンピックが延期になった影響で、法改正が2020年の11月末になった。

だいたい2020年の春には、カレンダーの印刷が終わっていたため、今さら正しい祝日での修正は間に合わないという状況だった。

さらに、祝日に変更になった日は、勘違いして行動しないよう、行政サービス、病院、電車、バスや銀行を利用する際など注意が必要となる。

行政サービス、例えば、家庭ごみの収集。
おおむね、祝日でも通常どおり行われるということだが、念のため、ウェブサイトなどで確認が必要。

22日・23日は祝日のため、役所の窓口は休みとなり、病院も祝日で、休診となる可能性が大きい。

また電車やバスは、休日ダイヤとなるが、JR東日本によると、今後、組織委員会が立てた需要予測に基づいて、主に夜間のダイヤが変更になる可能性があるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/180309b1a0aa53b5502d66e48d1980865e3a837e yahooニュース/FNNプライムオンラインより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

私の持ってるカレンダーはすべて例年通りの表記なので、全部間違ってます…orz

手描きで修正しました。家のカレンダー…。

ああ、ここまでめんどくさいのか、東京オリンピック!!

…って思ってしまいましたが、強行突破するんでしょうね、やるんでしょうね。

ここまでめんどくさいことしたんだから!

カレンダーの変更だけじゃ終わらないのが、祝日に変更になった日は、勘違いして行動しないよう、行政サービス、病院、電車、バスや銀行を利用する際など注意。

行政サービス、例えば、家庭ごみの収集。1人暮らしには大問題な話です。

22日・23日は祝日のため、役所の窓口は休みとなり、病院も祝日で、休診となる可能性が大きい…orz

病気も出来ないですね。

また電車やバスは、休日ダイヤとなるが、JR東日本によると、今後、組織委員会が立てた需要予測に基づいて、主に夜間のダイヤが変更になる可能性がある…orz

夜間だからまだ影響少ないかもですが、やっぱり面倒。

苛立って、ついつい愛しのカパルの4月始まりのカレンダーを買ってみたんですが、この辺の問題クリアできてるのかな…。

 

カパル、可愛いからいいけどね…。ああ、なんてオリンピックめんどくさいんでしょう。

国民の為のこと考えてないですね…オリンピックありきだけで設定してますね、この話…(# ゚Д゚)

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です