グループワークで音楽の話

こんにちは、エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。

水曜日のグループワークで、昭和の楽曲は誰でも知ってるようなものがあったけど、現在ではあまりないという話が出ました。

Kは平成生まれですが、昭和の楽曲はテレビやラジオの懐メロ特集などでけっこう聴きます。確かに、昭和の楽曲は今のものよりも耳になじみやすく、覚えやすいものが多いような気がします。また、昭和時代は数多くの歌番組があり、家族でテレビの歌番組を見ることが多かっただろうと思われるのでそうした環境の影響もあるのかもしれません。

私は、音楽が好きで、最近の楽曲を音楽番組で聴いたりもするのですがそれよりもちょっと昔の全然世代じゃない曲やアニソンや音ゲーの歌(最近は主にアイドルマスターシリーズやSB69など)をきくことが多いですね…

令和でそこそこ有名なのは米津玄師とか「紅蓮華」で有名なLiSA、Official髭男dism、あいみょんなどかなあと思うのですが、音楽番組やSpotifyなどのサブスクなどで積極的に音楽に触れてないとなかなかわからないものなのですね…(LiSAは鬼滅やFate/Zero、ソードアートオンラインなどのOPを歌っているのでM先生は知ってるかなあと思ったのですが、グループワーク参加者で知っている方はいませんでした…)

でも平成の楽曲であるエヴァの「残酷な天使のテーゼ」はグループワークの参加者みんなが知っていてあんまりアニメとか知らない人でも知っているものなのだなあと思いました。あと、私の好きなイエローモンキーの有名な曲名をいくつか言ってみましたが、EさんとYさんは知っていた(Yさんは「BURN」が好きみたいで嬉しかった)みたいですね。本来の世代は30~50代くらいなのだと思うので、世代でイエローモンキーの音楽を昔に聴いていたからかもしれませんね。

あと、美空ひばりの亡くなった年齢が思ったよりも若すぎるっていう話も出ましたね。確かに晩年の映像や画像を見るととても52くらいには見えないし大御所的なオーラを感じる…

グループワーク、いつも楽しくてためになるのですが、今回は音楽の話もできてより楽しかったです。

来週も参加したいけど、9月からKの就労移行支援のプログラムが変わるようなので参加できるか謎なのです…参加できるといいなあ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です