【障害者雇用】障害者雇用、訪問調査…水増し問題で法改正へ〔読売新聞〕

障害者雇用、訪問調査…水増し問題で法改正へ〔読売新聞〕

中央省庁による障害者雇用の水増し問題で、厚生労働省は、国の行政機関に対して定期的な訪問調査を実施し、不適切な計上が行われていないか確認する制度を導入する方針を決めた。来年の通常国会で障害者雇用促進法の改正案の提出を目指す。

 厚労省が設置した第三者検証委員会が22日に公表した報告書によると、昨年6月時点で、国の28行政機関で計3700人の障害者の不適切計上が行われていた。このうち9割以上が障害者手帳など客観的に障害を確認できる資料がなく、検証委は、障害者雇用制度を所管する厚労省に対し、「雇用実態の把握」の徹底を求めていた。

https://medical-tribune.co.jp/news/2018/1029516865/

ペナルティーはないようです。

これは、各省庁の相互と自浄作用に期待したいですね(皮肉)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です