【障害者雇用】障害者が短時間でも働きやすく 雇用水増しで法改正検討

障害者が短時間でも働きやすく 雇用水増しで法改正検討

中央省庁や地方自治体での障害者雇用の水増し問題などを受けて、厚生労働省は障害者雇用促進法の改正の検討を始めた。20日にあった参院厚労委員会の参考人質疑では、障害者団体の関係者らから、短時間や週数日の勤務でも働きやすい仕組みの導入を求める意見が相次いだ。 厚労省は法改正で、障害者が能力を発揮できる環境の整備や、中央省庁での障害者数の算定が適切に行われているかチェックする機能を強化したい考えだ。来年の通常国会への提出をめざしている。

https://www.asahi.com/articles/ASLCP45P8LCPUBQU00F.html

とりあえず、追求や悪いもの探しするまえに、まず対策を講じてからにしてもらいたいものですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です