【障害者雇用】町田リス園30周年 障害者の作業所が人気観光スポットに

町田リス園30周年 障害者の作業所が人気観光スポットに

 同園は1988(昭和63)年12月、障害者が働く福祉施設として開園。リスが全滅したり、感染症の疑いで休園したりするなどの危機もあったが、癒やされるユニークな施設としてメディアにも度々取り上げられ、年間20万人が訪れる町田市を代表する人気観光スポットになった。 式典には園内で働く障害者、施設関係者、町田市長、議員らが参加。植草三樹男理事長は「利用者(障害者)が明るくのびのびと働くことで、30年続けることができた。これからも温かい支援をいただきたい」などと挨拶。

https://machida.keizai.biz/headline/2732/

町田リス園というと、

これがリス? 町田リス園の看板が凶暴すぎる! 描いた副園長に聞く

https://withnews.jp/article/f0180403004qq000000000000000W00o10101qq000017107A

この愉快な看板でネットで有名になっていたのですが、障害者の働く事業所として開園していたんですね。この記事で知りました。

これからも頑張って欲しいところであります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です