【障害者雇用】岡山の障害者事業所2カ所閉鎖へ 大量解雇の懸念も

岡山の障害者事業所2カ所閉鎖へ 大量解雇の懸念も

障害者が働きながら技能を身に付ける「就労継続支援A型事業所」が経営難を理由に閉鎖し、障害者を大量に解雇するケースが全国で相次いでいる問題で、岡山県倉敷市の事業所運営会社「あじさいの花」が経営に行き詰まり、事業所2カ所を閉鎖する方針を固めたことが8日、同社関係者への取材で分かった。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/342126

最近の就労継続支援A型事業所への締め付けが、また閉鎖する事業所を増やした模様です。

悪質な事業所や補助金目当ての事業所を、ちゃんと調査することをせずに、一律に補助金を減らしていくような制度の歪みが出ているように思われます。

障害者雇用の水増しもそうですが、ただ制度だけ作ってあとの監視や調査をせずに済ませているお役所の体質に寄る歪みが障害者へのしわ寄せになっていますね。

解雇される障害者へのフォローがまったくされない模様なのも闇を感じさせます。

解雇される障害者へのフォローは、早急に取り掛から慣ればならないのではないでしょうか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です