【障害者雇用】出張洗車で障がい者の「高工賃化」定着へ

別府市の就労支援事業所「SIC」 出張洗車で障がい者の「高工賃化」定着へ

障がい者の就労継続支援B型事業所「SIC合同会社」(別府市石垣西、TEL 0977-76-8930)が本格的に始動して1カ月がたった。出張洗車や家具清掃といった社外作業を軸に、自立につながる高工賃(賃金)化モデルの定着を目指す動きが加速している。

 代表の杉本孝生さん(38)が今年2月に立ち上げた福祉事業所。通所型で雇用契約を結ばない就労継続支援B型として10月1日に指定を受けた。出張洗車事業のほか、家具店内の展示商品清掃、別荘の敷地清掃、ポスティング、物品の配送請負など、主に屋外で人との触れ合いがあり、高収入が見込める作業を手掛けている。社員は杉本さんを含めて4人。通所している障がい者は11月6日現在1人だが、月内に2人が新たに登録する見込み。

https://oita.keizai.biz/headline/1119/

障害者の高工賃化の流れが各地で進んでいるようで良いことです。

これまでは、障害者というだけで障害の区分や程度の差を考えず低工賃の仕事を箚せられていましたが、仕事とのマッチング次第で高い工賃で、価値ある人材を生み出せるようになってほしいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です