【障害者】 新型コロナウイルス感染症に伴う施設等の対応について・水戸市

窓口業務については、市民サービス維持の観点から通常どおり運営します。ただし、運営に当たっては、下記の留意事項を遵守するものとします。

施設出入り口にアルコール消毒液を設置すること。
発熱等の風邪症状のある方の窓口利用を控えていただけるよう要請すること。
施設内の換気等をこまめに行うこと。
施設職員の健康管理に十分留意すること。
※感染の状況に変化が生じた場合には、今回の方針にとらわれず速やかに対策を講じるものとします。

https://www.city.mito.lg.jp/000271/000272/p021419.html 水戸市ホームページから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

障害者施設や市の施設などの状況を載せてます。

障害者の就労支援の事業所についてはほぼほぼ利用:感染症対策を講じ継続となってます。

ニュースなどを見ると、喫茶店や外食などを運営している施設は結構な割合で難しい経営で、利用者の利用が微妙な話になっていますが、

エナベルもそうですがそれとは関係のない事業所は通常に利用できるようですね。

エナベルの他も、水戸市のHPにでていた事業所さんはほぼ大丈夫なようです。

私の通院している病院では系列でB型事業所でカフェとか運営してますが、影響受けてるのかな…。大丈夫かな…

こういう時働ける今がなんと嬉しい事かと思います。有難うございます…

健常者でさえ、業種によっては仕事できなくて収入がない…と騒がれてますからね。

早くコロナ禍から脱せるよう祈るしかありませんね…orz

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です