【障害者】視覚障がい者を安全に誘導する「点字ブロック」

3月18日の「点字ブロックの日」に「薄型ソーラービーコン内蔵点字ブロック」のプロトタイプを利用しておこなう、鉄道、空港、公共施設などを対象とした実証実験開始が発表された。

使用されるのは、「ACCESS」「セイコーホールディングス」「サカイシルクスクリーン」「PLAYWORKS」の4社が共同で開発した、世界で初めてソーラー発電型のBLE(Bluetooth® Low Energy)ビーコンを搭載した薄型点字ブロック。

この点字ブロックを駅や空港の構内などに敷くことで、内蔵されたビーコンから視覚障がい者のスマートフォンへBLE電波を発信し、道案内や施設案内をしようというのだ。

専用アプリをインストールしたスマホとイヤホンを接続し耳に装着すると、画面を見ることもなければ鞄やポケットからスマホを取り出すこともないまま、道案内などの情報を音声により確認できる。

どんな床材でも手軽に設置できるうえ、既設の点字ブロックについても簡単に貼り変えが可能。高いソーラー技術と省電力設計により、室内照明程度の明るさがあれば十分駆動するとのことで、案内が途中で途切れる心配もほぼなし。電池交換などのメンテナンスも不要だという。

https://tabi-labo.com/300026/wt-solar-beacon-in-tactile-paving TABI LABOより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

専用アプリをインストールすると、道案内をしてくれるというアプリです。

電池交換などの煩わしい作業もない秀逸なツールだと思います…が。

私の母は視覚障害者です。盲目なのです。それで極度の機械音痴でガラケーでさえ使えませんでした。

こういう便利ツールはスマホアプリを基準に出来ていくので、スマホ使えない人が置いてきぼりを食らってる気がするのです。

中にはご高齢でもスマホを使いこなせる人も居ますが、みんながみんな使えるわけではないので…。

スマホ使える人にはとてもいいツールだと思います。でもスマホ使えない人間にとってはただの点字ブロックなのです。

それがちょっとはがゆい感じがしました。

私の母が視覚障害者だけに切実に感じてしまいました。

どんどんスマホ使えない人は置いていかれるなあ…。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です