【障害者】目の機能と「うつ」とは意外に関係が深い

うつ病を扱う精神医学系の臨床雑誌から、「眼科とうつ」に関する原稿依頼が私にありました。

どういう内容にしようかと、ここ3、4か月、うつ病やうつ状態で私の外来に通院している症例をカルテでチェックしましたが、新型コロナ禍で外出するエネルギーがそがれているせいか、該当する患者の来院は減っていました。

世の中が停滞して暗いと、人間はだれしも気分が落ち込み、意欲も行動力も減退します。
もし、体のどこかに症状があれば、それが悪化したようにも感じやすいものですが、だからといって、この時期に病院に行くのは、それなりのエネルギーが必要です。

さてカルテを調べてゆくと、目の症状によって、もともとあったうつ病が悪化している場合、またはその反対に、うつ病の症状の一部として視力低下や目が極端に疲れる、不快だといった自覚が出現している事例が見つかりました。勤務を続けられない、家事もままならないなど日常生活に相当影響が出ているケースもあります。

今日の外来にも、次のような方が受診しました。自宅で照明器具の取り換え作業中に誤って落下して、右目を本箱の角に打ち付け眼球破裂を起こした60歳代の男性です。眼科に入院して3度の手術で修復され、なんとか失明は免れ0.08の矯正視力が残りました。しかし、事故前のように自在な階段の昇降や、車の運転ができず、事務の仕事も続けられない状態になりました。手術した眼科医に相談したところ、眼球は十分に修復しており、これ以上望まれても困る、とにべもない返事で、それ以上の質問は打ち切られ、もはや絶望の極みにありました。

実はこの方、10年余り前からうつ病の薬物治療を受けていました。
よく聞くと、落下事故は、その薬物の影響でふらついてしまったことが原因かもしれないと自ら証言しました。

私は、突然の事故で目に著しい不自由が生じたことで、うつ病の症状も悪化したものと考えました。

破裂した片方の眼球の視力が低下したことで両眼視機能(両目で見て距離感や立体感を測る機能)が失われたことが、日常生活に大きな不自由をもたらしたのです。ただ、なぜ不自由なのかや、これ以上の改善は医学的には限界があるとの説明が医師からなかったことで、状況が理解できず将来を悲観するまでになったのです。

当事者が医学的状況を理解し、それを受容させる手掛かりを与えることは、医師の大事な仕事のはずですが、診断・治療はしても、なかなかそこまで行き届いていないのが現状なのでしょう。

上記の方は、眼球の異常で生じた視覚の不都合がうつ症状を悪化させた例ですが、逆にうつ病が原因で両目の著しい視力低下という症状が出現したものの、うつ病の治療でゆっくり回復してきたという症例も時々みます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200811-OYTET50005/ yomiDr.から引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

まさか関係ないとおもっていた目までうつに関係があったとは…!

うつとはなんと恐ろしい病なんでしょう…。

うつの治療で視力低下もあったとか…ううう、早く治したいですね…このメンドクサイ心の風邪は!

風邪は万病のもと。心の風邪も万病のもとなんでしょうか。

眼科に行っただけでは治らないという心にある病。本当に大変ですね…。

まさか五臓六腑にも関係してくるのかな、心の病。特殊な病だけにわからないですね…orz

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です